【あらすじ】ゴミ屋敷とトイプードルと私<港区会デビュー編>#001

【あらすじ】ゴミ屋敷とトイプードルと私<港区会デビュー編>#001

今回からご紹介する作品はコミック「ゴミ屋敷とトイプードルと私」です。

原作は池田ユキオさん。

いやー、驚きました。

前回、ご紹介しました「ゴミ屋敷とトイプードルと私」続編が発売されたのです!!

前回の主人公を覚えておられますか?

そう、SNS命の34歳、元読者モデルの明日香でした。

明日香が勤めていた企業・電報堂の後輩・サヤという女性がいました。

明日香を日々、さり気なく持ち上げ、裏ではその様子を腹を抱えて笑う
明日香がハゲだぬきとホテルに入った写真を拡散させたのも彼女でした。

今回の物語、主人公はまさかのサヤ

さて、明日香とは違った転落物語。
どのような展開が待っているのでしょうか。

ではスタートいたしましょう!!

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私「港区会デビュー編」

 

新たな転落のはじまり

 

 

夜景の見えるレストラン

 

「結婚しよう。サヤ」

 

テーブルで向かい合う二人、男性が指輪を差し出しました。

 

前作でも登場したサヤ徳井です。

 

周囲の客からも注目されるプロポーズの瞬間

 

うれしい・・・と涙を流すサヤは

内心「みて、見て、見て、みんな、あたしを見て。」と思っていました。

 

 

 

え?
せっかくのプロポーズのシーンなのに、周囲の目のほうが気になるの?

サヤってそんなキャラだったっけ?

(^_^;)

 

サヤは早速、自分のフォトスタグラにアップします。

 

#幸せのカタチ♡
#2人でみる未来
#happy happy happy
#Love

 

 

おおー!!

発信してますねーーーー!!!

明日香も発信してたけど、サヤも負けてない!

((≧ω≦))

 

翌朝、サヤは同僚から婚約のことを騒がれますが、わざわざSNSでアップするくらいですからそのくらいは確信済み。

 

サヤは聞いて聞いてオーラ全開でいい気分です。

 

なんといっても相手はイケメン、将来有望のトップAD。

サヤは注目されることの喜びを噛み締めていました。

 

 

ところが・・・・

 

指輪見せてよー。という話題から状況は一変します。

 

徳井からもらった指輪は知り合いのデザイナーに作らせた1点モノ

 

高級ブランドを期待していた同僚から少し笑われたように感じ、サヤは一気にテンションが下がります。

 

「意外~、そんな感じでいいんだ?」

 

「実は庶民的なんだね~」

 

と言われ、サヤには指輪が急に色あせてみえました。

 

サヤはプライドが高いですねー。

世界に一点もののオリジナル指輪なんて素敵だと思いますがねー

(=゚з゚=)ムー

 

 

超一流ブランドの指輪・・・。

サヤはSNSの世界に逃げ込みました。

 

サヤには憧れのフォトスタグラマーがいました。

 

MISAKIという名前のフォトスタグラマーはフォロワー1万人超

 

 

 

港区在住のセレブです。

 

お金に糸目をつけない旅行、ショッピング、イベントの写真をアップしているのです。

 

サヤは憧れのMISAKIのページを見ながら、いつも彼女の実生活のことを想像していました。

 

するとASUKAさんが近況を投稿したとメッセージが出ます。

 

ASUKA・・・そう!あの明日香のことです。

 

道端に咲く花の写真とともにポエム。

 

サヤは人目を気にせず噴き出し、笑いだします

 

会社から追放され、逃げた偽キラキラ女子

 

もう自分とは無関係なはずなのに、サヤは今でもこうして明日香のページをチェックしているのでした。

 

 

 

明日香同様、サヤは会社で総部部所属でしたが、この度、サヤ営業部への異動辞令が発表になりました。

 

同僚からまたもや「大変そう~!大丈夫なの?」と言われ、またもやムッと気を悪くするサヤ。

 

 

一緒にしないでよ。あなたたちとは違うのよ

 

サヤにはそんな思いが根底にあるようです。

 

営業部で配属の挨拶をしていると林田詩織(はやしだしおり)を紹介される。

 

マロノのヒールを履きこなし、上司にも媚びない自立した女性

 

ついでにはサヤのフォトスタグラムをフォローしてくれていると聞き、サヤは喜びます。

 

 

 

張り切るサヤに、実はもう一人、営業部に入った女性がいると聞かされる。

派遣社員で営業アシスタントを担当する中山泉(なかやまいずみ)という女性だった。

 

サヤと比べファッションも地味、髪型もメイクもおとなしめだ。

 

地味!やぼったい!ハケン!とサヤは見下しまくり。

 

サヤは同時に着任した中山のことは完全に無視し、林田にすり寄っていく。

 

サヤのそんな様子をじっとみている中山。

 

あれ?中山さん、ちょっと影?闇が・・・あるのかな?

(o゜ー゜o)??

 

林田とランチの際にサヤは異業種交流会なるパーテイに誘われる。

 

 

MISAKIのように近づきたい常に願っているため興味津々のサヤ。

 

 

実際にパーティに参加している面々は本当に豪華なものだった。

テレビでよくみるIT社長、モデル、有名CMプランナー。

そこで飛び交う会話も豪華で、サヤは興奮しぱなし。

 

そのとき、林田から紹介されたのはネットショッピング大手の社長だ。

 

結婚指輪をはめていながらも堂々とサヤを食事に誘う社長の児玉。

サヤに港区のマンションも世話できるという。

 

ただし・・・

 

 

その交渉はサヤ次第だった・・・。

 

 

 

うーーーーむ。

危険な匂いがしますねー。

 ̄ー ̄)ニヤリ

転落が予想できますねー。

 

<#001 おわり>

 

かんかんの#001感想

サヤ、なんとも危険な場所に身を置いてしまった感じですよねー。

林田に中山といった新登場の人物もまだそれぞれの人間性が見えませんが、そちらも怪しげな雰囲気が隠れているかもしれません。

新しい部署、素敵な女性の先輩、富裕層のパーティ、真新しいことばかりで浮かれているサヤですが、これからどんな展開が待っているのでしょうか・・・

 

#002をどうぞお楽しみに!!

 

関連記事はこちら

【あらすじ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ】明日、君に好きって言う。#1

【あらすじ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1

 

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私<港区会デビュー編>が気になったら・・・

 

「ゴミ屋敷とトイプードルと私」を実際に読んでみたいと思ったら、書籍購入も可能なんです!!

明日香に続くSNS命のサヤの転落人生とは?是非、あなたご自身でご覧くださいね!!