【あらすじ】明日、君に好きって言う。#5

【あらすじ】明日、君に好きって言う。#5

今回からご紹介する作品はコミック「明日、君に好きって言う。」です。

原作は玉島ノンさん。

女子高校生の美月杏奈(みづきあんな)の望みはひとつ。

たったひとりの男に、ただ強く抱きしめられたらそれでいい―――――

ただそれだけ。

左手の薬指に指輪の光る諏訪先生と秘密の関係を続けている。

そんな時、クラスメイトの長谷川をプロデュースすることになり張り切る杏奈。

二人三脚でがんばる二人に少しずつ変化が訪れ始める。

そして長谷川の憧れの人・山吹さんにも変化が?

お待ちかねの#5、スタートです!!!

 

明日、君に好きって言う。#5

 

前進

 

長谷川のイメチェン計画総仕上げとして休日にデートをした杏奈と長谷川。

 

長谷川が考えたデートプランは完璧

 

そんな長谷川にドキドキしてしまう杏奈。

 

でも長谷川の邪魔をするわけにはいかない。そう思って、杏奈はそっと姿を消す

 

 

そして杏奈は諏訪へ公衆電話から電話を掛けた

 

 

日曜、杏奈は諏訪へ「別れたい」と伝える。

 

一方、長谷川は憧れの山吹さんと待ち合わせをしていた。

 

 

高校入学したてのころ杏奈が自暴自棄で当時、生徒指導にあたった諏訪と杏奈は身体を重ねた。

 

でもそれは恋愛ではない

 

 

それでも良かった。いや、それが良かった。

 

深入りしない関係がお互いには都合が良かった。

 

 

 

 

先の見えない不透明な諏訪との関係・・・。

 

それでも良かったはずの杏奈が長谷川と出会い、前を向いて歩きたいと思うようになったのだ。

 

 

今、杏奈は諏訪と向き合おうとしていた。

 

 

長谷川くん、あなたは虫なんかじゃないよ!!

自分だけじゃなく、杏奈も成長させたんだねー!

(ノД`。)ホロリ

ホントに大きく成長したね~!!

 

 

そのころ、参考書を購入した長谷川と山吹さんがカフェでお茶をしている。

 

山吹さんと話をした長谷川は自分の本当の気持ちを確信して、店を飛び出しいく。

 

 

カフェに残された山吹さんが思うこととは・・・

 

 

「本気で好きになる前で良かった・・・。」

 

 

 

 

一方・・・

 

 

「やめとけよ。」

 

 

諏訪にそう言われて抱きしめられた杏奈。

 

優しい言葉なんて一つもくれなかった諏訪からの思わぬ言葉に驚く杏奈。

 

 

「杏奈、俺のそばにいてよ

 

諏訪にキスをされ、長谷川の顔を思い出す杏奈。

 

 

 

 

そのころ、長谷川は杏奈を街中を探し回っていた。

 

なぜか電話もLINEもつながらない。

 

 

探し疲れて長谷川は息を切らせている。

 

ふと、気が付くと目の前には諏訪が立っていた。

 

 

杏奈をかけた男同士の真っ向勝負が始まるのかーーーー!?

ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!

 

 

 

<#5おわり>

 

 

かんかんの#5感想

 

今まで何一つ、優しい言葉をくれなかった諏訪が、別れ話が出たとたん、今まで杏奈が聞きたかった言葉を投げかける。

諏訪先生、ちょっとズルいかな~~~?

そんな展開になっているとは知らず、長谷川が自分の気持ちを確信するきっかけになった山吹さん。

長谷川が店を飛び出したあと、「よかった。ほんきで好きになる前で」とつぶやいたのは少し切なかったです。

山吹さん派があるくらいのモテ女子のようなので、いい恋愛が待ってるはず!!

がんばってほしいです!!

長谷川と諏訪の真っ向勝負が始まるのか!?(ケンカではなく・・・)

さて、長谷川と杏奈、そして諏訪との関係はどうなるのでしょうか?

次回#6をお楽しみに!!

 

【あらすじ】明日、君に好きって言う。#4に戻って読む

【あらすじ】明日、君に好きって言う。#6を読む

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ】明日、君に好きって言う。#1

【あらすじ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1

【あらすじ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

 

明日、君に好きって言う。#が気になったら・・・

 

「明日、君に好きって言う。」を実際に読んでみたいと思ったら、書籍購入も可能なんです!!

杏奈の密かな願いが叶うときはやってくるのか?是非、あなたご自身でご覧くださいね!!

 

明日、君に好きって言う。 5巻 (コイハナ)