【あらすじ】RISKY~復讐は罪の味~#1「鼻持ちならない女」

【あらすじ】RISKY~復讐は罪の味~#1「鼻持ちならない女」

今回、ご紹介する作品はコミック「RISKY ~復讐は罪の味~」です。

原作はたちばな梓さん。

 

さて、どのような物語が始まるのでしょうか。

それでは#1「鼻持ちならない女」をご紹介していきましょう。

 

RISKY~復讐は罪の味~

 

#1:鼻持ちならない女

 

朝の地下鉄の構内、ホームが混み合う中、ひとりの女性がスマホをいじりながら電車を待っている。

電車の扉が開き、降りる人や乗り込む人が行きかう中、その女性は周囲の混雑に関係なくスマホから目を離さない。

 

ドンッ

 

あ・・・

 

すると、ガシャンと音をたててスマホが地面に落ちた。

 

ごっ、ごめんなさい。

 

どうやら先ほどのスマホをみていた女性のものが落ちたようで、ぶつかった眼鏡の女性が慌ててスマホを拾おうとしている。

 

間もなく扉が閉まります

と駅のアナウンス。

 

眼鏡の女性がスマホを拾い上げる前にスマホの持ち主である女性が拾い上げ、

ちっ、と舌打ちをして悪意のある睨みをきかせ、さっさと電車に乗り込んでいった。

 

え!?

なぜに舌打ち!?

( ̄口 ̄∥)

この人、自分もスマホ画面から視線を外さず、周囲を全然見てなかったのにーーー!!!

 

スマホを拾い上げようとした眼鏡の女性はボー然と駅のホームで発車した電車を見送っていた。

 

 

スマホの持ち主である女性はまだ不機嫌な様子で

サイッテー!壊れてないでしょうね

とボヤいている。

 

あれ?

 

スマホのロックが解除できないことに気が付く。

 

すると、そこへ携帯に着信が・・・

ん?あたしの番号からじゃん・・・

 

現在の時間はもう夕刻になっている。

 

黒田美香さんですか?お電話した浅井です。今朝は本当にすみません、ちゃんと前をみていなくて・・・」と謝っている。

 

「まさか同じスマホ使ってるなんてね」

ケースまで同じで・・・あたしも驚きました!!」

 

どうやら朝の件はここで”種あかし”のようだ。

φ(*’д’* )メモメモ

 

恐らく、ぶつかった二人はお互いの携帯を地面に落としたのだろう。

 

しかし、一人が先に拾い上げてそのまま電車に乗って行ってしまったため、スマホは持ち主が入れ替わったまま1日が過ぎ、今、二人は再会してスマホを改めてお互いに返却しているのだ。

 

 

ホントに迷惑したわぁ、大事なやりとりしてたのに・・・

とチクリと愚痴をこぼす女。

 

こちらが朝、ちっと舌打ちをして睨みながら電車に乗車していったほう、黒田美香(くろだみか)というらしい。

 

もう一人の眼鏡の女性浅井、彼女は黒田美香に愚痴をこぼされ杏子堂のケーキお詫びにご馳走すると提案した。

 

朝のラッシュ時に前を見ていなかったのは美香も同じなのに、一方的に被害を受けたみたいな言い方で・・・

なんかヤな感じです。

ヾ(*`Д´*)ノ

 

 

え?杏子堂?

美香の顔が一変。

 

 

美香は一応は遠慮しつつ、しかしご馳走になる気まんまん。

┐(´д`)┌

 

 

ケーキを食べながらお互いのことを話す二人。

 

浅井という女性は手に包帯が巻かれており、美香には「コケてしまった」と説明した。

 

ケーキを食べた美香は「やっぱここに頼もうかなー」と独り言・・でも確実に相手に聞こえるようにつぶやく。

 

 

こういう独り言って絶対に聞いてほしいときに言うもんですよねー。

なーんか、わざとらしい・・・

(`・ω・´)

 

 

お誕生日ですか?と聞く浅井。

 

すると待ってましたと言わんばかりに美香は「あたし今度、結婚するんだよね」と語りだした。

 

ウェディングケーキをどこにオーダーするか考え中なのだが、婚約者の男性は「美香の好きにしていいよ」と言い、全て自分任せなのだという。

 

それを聞いて「それはきっと美香さんのことを大事にしている証拠ですよ」と浅井は答える。

 

今度は美香が浅井に恋人の存在をきくが浅井自身によると、今は特定の男性はおらず、ただ好きな人はいるという。

 

私の好きな人には彼女がいるみたいで・・・と。

 

美香はあっさり「(でも)結婚してないんでしょ?ならガンガン誘っちゃえば?」とアドバイスする。

 

驚く浅井に悪びれもせず平然としている美香。

 

「実はね私も今の彼、彼女いたんだけど盗っちゃった」

 

 

なるほどね、そういうことなのね。

美香は昔、彼女のいる男性を取っちゃったんだねー・・・

( ´△`) アァ-

 

 

 

 

「そーなんですね・・・」

 

浅井は静かに、そして独り言のように呟き、美香の話を黙って聞いている。

 

そのあとも何もなかったかのように女子トークで盛り上がる二人だったが、やがて素敵な結婚相手をみつけた美香に祝福の言葉を伝える浅井。

 

 

ケーキを食べ終え、パーラーを出た二人。

 

別れ際には浅井のリクエストで連絡先を交換することになった。

 

 

ちょうどそのとき、美香のスマホに着信が。

 

メール着信のようだが、スマホをみた美香の様子がおかしい

 

 

「彼氏さんですか?」と聞く浅井に「うん、彼が早く会いたいらしいの。まったく男の人ってぇ~」とノロけた様子で答える美香。

 

しかし、美香の表情からは何やら影がみえる。

 

夜、仕事から帰宅したらしい男性が玄関で靴を脱いで、一息ついている。

 

直後、男性は何かに気付いた様子。

 

男性の視線の先には「おかえり」と笑顔の美香が部屋に上がり込んでいた・・・。

 

 

 

!!!!

 

婚約者が帰宅するまで部屋で待つのは自由ですが・・・

彼の表情、一瞬でしたが絶対に嬉しそうではなかったような・・・

ヾ(。・Д・。A

 

 

<#1 おわり>

 

かんかんの#1感想

 

うむむむ・・・・

美香のあからさまに悪意のある顔、態度をとる一方で自分が得をする話にはご機嫌でのってきたり、ペラペラと身の上話をしたり。
かなりはっきりとした二面性があるようですねー。

最後に登場した男性は恐らく美香の婚約者なのでしょうが、部屋にいる美香にあきらかに嫌悪感があらわれてましたよねー。

また今回、かなりの存在感をみせた眼鏡の女性・浅井はこれからこの物語に何か絡んでくるのかどうなのか?

登場人物についてはまだまだ手探りの状態ではありますが、とっても興味深いですよね。

それにキャラクターの画がとてもキレイなので読みやすいと思いました。

 

今回からご紹介が始まった「RISKY~復讐は罪の味~」いかがでしたでしょうか。

#002もどうぞお楽しみに!!

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ】RISKY~復讐は罪の味~#2「エコー写真」

【あらすじ】明日、君に好きって言う。#1

【あらすじ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1

【あらすじ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ】ゴミ屋敷とトイプードルと私<港区会デビュー編>#001