【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第6話を徹底解説!

【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第6話を徹底解説!

2018年後期のNHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」がスタートしました!!

そこで「ひみつの談話室」でも毎回、ストーリーをご紹介いたします!

 

見逃してしまった方も大丈夫!今からでもまだまだ間に合いますよ!!

一緒に朝ドラ、楽しみましょう!!!

 

第1週「結婚はまだまだ先!」(第5話)

 

今回のおもな登場人物

 

●ヒロイン:今井福子(安藤サクラさん)

●ヒロインの未来の夫:立花萬平(長谷川博己さん)

●ヒロインの姉妹(長女):今井咲(内田有紀さん)

●ヒロインの姉妹(次女):香田克子(松下奈緒さん)

●福子の母:今井鈴(松坂慶子さん)

●咲の婚約者:婚約者の小野塚真一(大谷亮平さん)

●克子の夫:香田忠彦(要潤さん)

●大阪商工会の会長:三田村亮蔵(橋爪功さん)

●萬平の共同経営者:加地谷圭介(片岡愛之助さん)

●萬平のライバル?:世良勝夫(桐谷健太さん)

●ホテルのフロント係:保科恵(橋本マナミさん)

※物語の登場人物による会話のところは大阪ことばを再現しているところがあります。(カッコ)の中に別途、わかりやすく記述しておりますのでご参考になさってくださいね。

 

ストーリー

 

3年ぶりに再会した萬平さん。

萬平さんとは姉、咲の結婚式のときに幻灯機で写真を映写してくれた技術屋さんだ。

仕事を終えて帰宅した福子は母の鈴にその話をするが、母からは咲が体調を崩した話を聞き、心配する福子。

 

 

福子は早速、真一と咲の家に見舞いに来ていた。

「ただの風邪」といいながら床に臥せている姉は起き上がり、見舞いに来てくれた福子と話をする。

 

 

わざわざ来なくても良かったのに、という姉に「今日は仕事が休みだったから。」と言う福子。

 

「一緒に映画とか見にいってくれる人はいないの?」

と姉に聞かれ、いつも遊んでいる女学校時代の友人の名前を出す。

 

しかし姉が聞きたかったのは女友達の話ではなく、お付き合いしている男性のことを知りたいようだ。

 

好きな人は?

気になる人は?

 

と、次々に質問してくる姉に福子は恥ずかしくて、どうしたらいいのか分からない。

 

そんなとき、福子はふと萬平の「ご結婚はされているんですか?」というあのときの言葉が思い浮かぶ。

 

が、姉にそんな話をするわけもなく、福子は「いないって!!もぉ~やめてよぉ~」と言い返す。

 

「なーんだ」と諦める姉。

 

咲は21歳になってそろそろお年頃の妹の福子のことが気になるのだろう。

 

咲はいつもの優しい笑顔を浮かべながらも、激しく咳込んでしまう。

 

すると「ただいま」と玄関で夫の真一の声がする。

 

二人は驚き、出迎えに行こうとする咲に福子が代わりに玄関に行く。

 

福子の出迎えに真一は一瞬驚くが、「福ちゃん、ありがとう」と言った。

 

真一は咲のことを心配して帰ってきたようで、咲のためにお粥を作ってくれるという。

 

自分で作るという咲に真一は「いいから寝ていなさい」といい、その様子を見ていた福子はニヤニヤ

 

 

当初、母の鈴が言っていたように真一さんはあまり表情がなく、笑顔も少ない。

ちょっと怖そうにも見えるので、実は咲の結婚生活は幸せではないのか?と思いきや。

愛情深いご主人様でございました。

(///∇//)テレテレ

二人の様子を見ていたら、もう福子の出番はありませんよね~。

 

 

福子は食事の準備を手伝うでもなく、早々に切り上げてきたようです。

 

「あんな夫婦のカタチもいいなー♪」福子はひとりごとを言いながら、帰ってきたのでした。

 

 

さすが21歳は結婚にも夢とロマン、希望がふくらむのでありました。

 

 

自宅近くまで戻ってきたときに

ヒヒヒィィィィンンンーーーー!!!!

と馬の声が???

 

え?

え?

 

と、みてみると・・・そこには、

 

馬。

 

咲さんの妹さんですね?私を覚えていますか?と馬上から挨拶をする男性

 

福子は「は、歯医者さん・・・の?」

 

「牧 善之介です。」と名乗り、馬を降りて福子に近づいてきた。

 

この時点でもうすでに福子は含み笑い・・・

 

「お姉さんはお元気ですか?」と男性としてはかなり低身長なのにカッコをつけてポーズをとりながら喋る牧。

 

「ふ、夫婦仲良く暮らしております」と笑いで声を震わせながら答える福子。

 

牧の顔が凍り付く。

 

「ふ、夫婦!?」

 

「もうこの家にはおりません」と追い打ちをかける福子。

 

ショックで震える牧医師。

 

「そ、そうですか・・・」とヨロヨロしながら馬のもとに戻る牧。

 

「帰るぞ、らんまる」と白い馬に声をかけ、騎乗しようとするがショックのあまりスムーズに乗れない

 

哀れそうな表情とも噴き出す寸前ともとれる福子の絶妙な表情

 

 

一番、笑いたいのは馬番のお付きの人だと思うけどね・・・

牧先生、私のツボです・・・

これからも登場してもらいたいキャラです!!

(*/∇\*)キャ

 

 

家の中に入った福子は大声で今、家の前で起きたことを言いたくて仕方ない。

 

本来なら咲の病状を一番に母に報告するのが正しいのだろうが、咲には真一さんがついており何ら心配ない、と全く問題視していない福子

 

とにかく、白馬に乗った牧のことを言いたいのだ。

 

しかし、母の鈴からすれば当然、咲のことが知りたい。

 

福子が何度も牧医師のことを言いだそうとしても鈴はそれを打ち消し、咲の話を要求するのだった。

 

ついに根負けして、いささか不満そうだが咲の話をする福子。

 

咲の病状や真一さんのことを簡単に報告し、再度、牧医師のことを言いだそうとするが、母は聞いていない。

 

咲の話に安心した鈴は突然、次女の克子の家庭の話をしだす。

 

結局、母に牧医師の話は届いたのだろうか?

 

日を改め、福子は次女の克子の家を訪ねる。

子供のない咲の家と違って、4人の子供たちが走り回る家の中はにぎやかで慌ただしい。

福子も圧倒されながらも子供たちに笑顔がこぼれる。

 

ここでまた福子は牧医師の話題を言い出した。

さすが姉妹!克子は嬉しそうに「え!?牧、善之介?」とやっと福子の話を聞き入れてくれた。

 

克子の家からの帰り道、福子は偶然にも街中で萬平と会う

 

恥ずかしそうだが、嬉しそうな二人。

 

すると萬平が「お茶でもどうですか?」と言い出す。

福子がオッケーした瞬間、大きなお腹の音が・・・。

 

照れる福子・・・

 

二人はお茶を飲むのをやめて、屋台のラーメン屋で食事をすることに。

 

二人はいろいろな話をするうちに福子が大阪東洋ホテルの電話交換の業務についていた話題になる。

 

そこで萬平は昔、大阪東洋ホテルで外国人の部屋に電話をつながれたことがある。と思い出話をする。

 

突然、むせる福子。

 

福子は萬平に当時の失礼を詫びながらも、初対面だと思われた姉の結婚式よりも前に自分たちはすでに接点があったことに萬平と笑い合う。

 

 

なんだかムズムズする時間ですね~

(/▽゚\)チラッ

ラーメン屋のおやじはどんな顔で二人の会話を聞いてるのかなー???

 

 

食事を終え、別れる二人。

 

 

福ちゃん、気になる萬平さんと楽しいお食事だったねー!!

(= ̄▽ ̄=)V

 

 

帰宅した福子に母の鈴は食事を準備して待っていた。

 

ずっと家に居る母には娘が外で過ごしてきたことどんな想いを持っているのかが分かっておらず、何ともテンポのズレを感じている様子の福子。

 

萬平の会社では加地谷萬平にコンタクトを取ってきたという世良に警戒する。

 

翌日、世良はずけずけと萬平たちの工場見学にやってきて、萬平は丁寧に商品の説明している。

加地谷は世良の根端を見抜いてを世良を追い返す

人の良い萬平は加地谷に「お前は人を見る目がない」と言われてしまう。

 

やがて12月。

 

戦争がいよいよ激しくなりつつある中、日本が負けるとは夢にも思わない国民はまだ活気があった。

 

大阪の街も相変わらず元気だ。

タクシーに乗りながら新聞を読んでいる萬平。

 

突然、「止めてください」と運転手に声をかけ、萬平が車を降りたのは大阪東洋ホテルの前だった。

 

ホテルの中は多くの客でにぎわっている。

萬平は福子を探して歩き回った。

 

福子を見つけ、声をかける萬平。

 

福子も萬平に気付いて挨拶をするが萬平は話を続ける。

 

「福子さん、アメリカと戦争がはじまりましたね。

でも・・・

でも、僕と付き合っていただけませんか?」

 

「お願いします!!福子さん!!」と頭を下げる萬平。

 

フロント係の保科も、なぜか厨房係の野呂も聞いている。

 

突然のことに、ボー然とする福子だった。

 

 

第6話 おわり

 

かんかんの第6話感想

 

3年ぶりに萬平さんと再会した福子。

当時とは雰囲気がガラリと変わった萬平さんに福子もビックリ。

でも気がかりなことが・・・姉の咲の体調です。

咳が続いているようで心配です。

ただ夫婦の仲が良いのが救いでしたね。

私個人的には今、とにかく牧先生にハマってます。

不器用そうなところや、かなり意識高めなところがいいですねー!!

これからも継続した登場を希望しています!!

そして萬平さんと福子にも注目ですね!!

第7話もどうぞお楽しみに!!

 

【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第5話を徹底解説!に戻って読む

【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第7話を徹底解説!を読む

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ・ネタバレ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私<港区会デビュー編>#001