【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第17話を徹底解説!

【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第17話を徹底解説!

2018年後期のNHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」がスタートしました!!

そこで「ひみつの談話室」でも毎回、ストーリーをご紹介いたします!

 

見逃してしまった方も大丈夫!今からでもまだまだ間に合いますよ!!

一緒に朝ドラ、楽しみましょう!!!

 

第3週「そんなん絶対ウソ!」(第17話)

 

おもな登場人物

 

●ヒロイン:今井福子(安藤サクラさん)

●ヒロインの未来の夫:立花萬平(長谷川博己さん)

●ヒロインの姉妹(長女):今井咲(内田有紀さん)

●ヒロインの姉妹(次女):香田克子(松下奈緒さん)

●福子の母:今井鈴(松坂慶子さん)

●咲の婚約者:婚約者の小野塚真一(大谷亮平さん)

●克子の夫:香田忠彦(要潤さん)

●大阪商工会の会長:三田村亮蔵(橋爪功さん)

●萬平の共同経営者:加地谷圭介(片岡愛之助さん)

●萬平のライバル?:世良勝夫(桐谷健太さん)

●ホテルのフロント係:保科恵(橋本マナミさん)

※物語の登場人物による会話のところは大阪ことばを再現しているところがあります。(カッコ)の中に別途、わかりやすく記述しておりますのでご参考になさってくださいね。

 

ストーリー

 

福子が大阪商工会の会長、三田村に直談判したことで事態が動き始めた。

 

捜査役を申し出た世良は萬平の会社の若手従業員に話を聞きに行く。

 

従業員は萬平の純粋さ、欲のなさ、物造りへのこだわりを理由にあげ、お金の計算や商売交渉役のため加地谷を迎え入れたのだという。

 

原材料の仕入れや在庫管理なども全て加地谷が行っていたと言い、万が一、萬平がジュラルミンを持ち出そうものなら加地谷が気付いたはずだと従業員は証言した。

 

そこで世良は一つの核心に気付く。

 

 

「誰にも気づかれず物資を持ち出せるのは加地谷以外の人間には出来ない」と。

 

 

証拠はないものの、これは従業員からの告発だ。

 

世良は従業員に「自分の社長を売る気なのか?」と問いかける。

 

すると従業員は「間もなくの入隊が決まっている、もうここに帰ってこれないかもしれない。だから自分は社長を恐れる必要なないのだ。」と答えた。

 

そして「自分は立花さんという人が好きで、あんな純粋な人に罪を着せるなんて許せない。」と怒りをあらわにするのだった。

 

しかし、まだ不透明なことが残っている。

 

 

どうして加地谷は会社の財産ともいうべき才能を持った萬平をはめるようなことをしたのだろう?

(o゜ー゜o)??

 

 

それに憲兵もバカではない。

 

何もないのに逮捕はしないはずだ。

 

従業員は「加地谷さんは最近、エンドウ社長と懇意にしているようだったが、うちの取引先にエンドウという社長の会社は無い」と話した。

 

そんな不思議な話を耳にした世良が思い浮かんだこと・・・

 

そう、その人物こそが憲兵・・・

 

 

世良は信じがたい予想にぶち当たってしまった。

Σ(oдΟ;)

 

 

当の憲兵取り調べ室ではまだ萬平に厳しい追及が続いていた。

 

例の七三分けの男が萬平にひどい体罰を加えている。

 

そのやり方には狂気さえ感じる。

 

見かねた仲間の憲兵隊員が止めに入るほどだ。

 

憲兵分隊長がその様子をじっと見ていた。

 

 

七三分けの男、だんだん体罰がエスカレートしてますねー。

そして焦りの色も感じられる。

自分の身が危なくなっていると感じているのでしょうか。

(。-`ω´-)んー

 

 

「”立花が受け取ったはずの金の流れを徹底的に探せ”と憲兵分隊長からの命令だ」と話す男がいた。

 

屋台で酒を飲みながら、帽子を目深にかぶっている。

 

話をしている相手は・・・

なんとあの加地谷社長だ。

 

お金はとっくに使いきった」と答える加地谷。

 

「どうすればいいんだ・・・」と帽子をかぶった男は少し弱気になっている様子。

 

「立花が無罪放免になったら疑われるのは自分たちですよ」と話す加地谷。

 

相手の男は帽子をかぶっているが顔の様子は七三分けの男、つまり萬平をひどく追及しているあの憲兵のようだ!

 

加地谷は帽子をかぶって変装している憲兵の男に

「こうなったらもう立花を殺すしかない」と持ち掛ける。

 

憲兵の男は驚いて「仲間だった男を・・(殺すつもりか?)」と答えた。

 

「もうすでに一人殺しているでしょ、闇業者に見立てた男を」と脅すように言う加地谷。

 

 

 

すべてが計画だったのですね!!

萬平の名前を白状した闇業者は自殺したということでしたが、仕組まれたことだったとは。

Σ( ̄□ ̄lll)

 

 

加地谷は酒を飲み干して、「そう、立花は仲間やった・・・オレの希望だった」とつぶやいた。

 

 

それがどうして憎しみに変わったのだろうか?

(-_-;ウーン

 

 

二人は共同経営者として事業をスタートさせた。

 

しかし戦争が身近になってくるにつれ事業の方向転換が必要になってきたとき、武器などの製造に萬平は首を縦に振らなかったという。

 

共同経営者として素晴らしい才能をもつ萬平を説得しきれなかった加地谷自身、自分の無力さに直面し、歪んだ心を生み出してしまったようだ。

 

その歪んだ心に完全に呑み込まれてしまった加地谷は自分の身を守るため、立花を殺すしかない憲兵の男を脅迫するのだった。

 

 

そんなことになっていたなんて・・・

萬平さんが危ない!!!

(;´艸`)ぁぁぁ

 

 

萬平を助け出すとかって出た世良商工会会長の三田村とある屋敷を訪れていた。

 

元陸軍大将である神宮閣下だ。

 

三田村と神宮はもともと知り合いのようで三田村は世良を神宮に紹介する。

 

神宮は三田村から今回の立花の逮捕に関する黒い疑惑の話を聞いている。

 

本当の犯人は立花ではなく、共同経営者の加地谷と憲兵の男らしいという内容に神宮も驚きを見せる。

 

 

その証拠というのは・・世良自身だった。

 

 

実は加地谷が憲兵の七三分けの男と屋台で話しているとき、世良は隣の別の屋台で二人の会話に耳を傾けていたのだ。

 

加地谷がつるんでいる男が憲兵であると神宮に証言する世良

 

憲兵の人間の仕業ということになれば一般人では太刀打ちできないという三田村。

 

三田村は続けて大阪経済界に立花は必要な男だと言い、神宮に協力を要請するのだった。

 

 

恵さんの言う通り、「力のある人の協力」があると違いますねー!!!

萬平さん!!もうすぐですよー!!!!

((≧ω≦))

 

 

夜、帰宅してきた福子。

 

家のなかに明かりが一つもない。

 

不思議そうに母の鈴を探す福子。

 

鈴は表にでて、風呂を沸かす牧をくべていた。

 

「(福子の)帰りが遅いからお風呂が冷めてしまった」と愚痴をこぼしながら鈴は顔も上げない

 

福子はごめんなさいと詫びながら「ただいま」とあいさつするのだった。

 

しかし、鈴は返事をしてくれない

 

不安そうに「どうしたん?」と聞く福子。

 

すると鈴はさみしそうに「みんな・・あなたを応援してるのね。私の味方は一人も、いない」と独り言のようにつぶやく。

 

「おかあさーん・・・」と寂しそうに声をかける福子。

 

「さっき、世良さんという方がいらっしゃったわ。立花さんが釈放されるそうよ」と話してくれた。

 

え!!!釈放!?

福子は驚いて声を上げた。

 

萬平が本当に釈放された

 

憲兵の建物から本当に萬平が出てきたのだ。

 

福子と世良が迎えに来ており、萬平はよろよろと福子のもとへ歩み寄る。

 

涙を流す福子

 

萬平も泣きながら「生きて出られるとは思いませんでした」と二人は固く手を握りあうのだった。

 

 

萬平が釈放されて一週間が経った。

 

まだ療養が必要そうな萬平のところに世良が来て、自分の今回の功績をアピールしている。

 

憲兵の七三分けの男は今度は逆に追及される側となり、加地谷は姿をくらましたようだ。

 

萬平のところに福子もやって来た。

 

福子は毎日、お弁当を持って通っているらしい。

 

萬平にお弁当を差し入れ二人の時間を過ごす萬平と福子

 

萬平は福子の母のことを心配するが、福子は満面の笑顔で「大丈夫です、母は許してくれてますかと答えた。

 

克子の家に来て鈴は「許してるわけないでしょ!!!」と発狂するのだった。

 

 

第17話 おわり

 

かんかんの第17話感想

 

萬平さん、釈放されて本当に良かったですねー!!!

やはり加地谷が黒幕でしたか・・・。

途中から急に怪しい雰囲気を出していた七三分けの憲兵もやはり絡んでましたね。

二人のことも明るみに出て今日はスッキリの物語でした。

あとは鈴さんのことがクリアできれば、萬平さんと福ちゃんはついに結婚だねー!!!

新しい二人の生活が楽しみだなー!!!

それでは第18話もどうぞお楽しみに!!

 

【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第16話を徹底解説!に戻って読む

【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第18話を徹底解説!を読む

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ・ネタバレ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私<港区会デビュー編>#001