【あらすじ】RISKY~復讐は罪の味~#14「引き抜き」

【あらすじ】RISKY~復讐は罪の味~#14「引き抜き」

今回、ご紹介する作品はコミック「RISKY ~復讐は罪の味~」です。

原作はたちばな梓さん。

 

朝のラッシュアワーでスマホが取り間違えられたトラブルで知り合った黒田美香と浅井という女性。

黒田美香には桜井亨という婚約者がいるが、亨を前カノから美香が略奪した過去があり現在の二人は上手くいっていない。

そんな美香と亨に偶然を装いアプローチしてきた「ひなた」という女性

美香は亨の上司である部長宅でのホームパーティに出席したが、そこで掛かってきた電話のせいで大失態をみせた。

そのせいで左遷、引き継ぎと現実を受け入れられない。

しかも亨が何日も会社を休んでいる間に美香が来たらしい。

会社を退職しようか悩む亨に男性が話しかけてきた。

その男性とは・・・?

それでは#14をご紹介していきましょう!!

 

RISKY~復讐は罪の味~

 

#14:引き抜き

 

 

街で亨に声をかけてきた男性の話を聞くことにした亨。

 

なぞの男性が差し出した名刺にはライバル会社の名前

 

男性は亨の会社での功績まで詳しく調べ上げていた。

 

なぞの男性は「率直に言いましょう。うちへ来ませんか?」と言った。

 

「それは・・・」とつぶやく亨に「そう引き抜きです」と答える男性。

 

あなたの人脈や能力存分に発揮していただきたいのでウチの会社へ来て頂きたい。もちろん待遇も同等かそれ以上を保証します」と言う。

 

亨は数日の検討猶予手土産を男性から要求される。

 

手土産というのは亨が持っている顧客リストや商品に関連するデータのことだろう。

 

それだけを伝えて男性は去って行った。

 

 

 

亨は半信半疑だった。

 

タイミングが良すぎる・・・。

しかもデータの横流しなんて裏切り行為だ。

 

そう思う反面、

もしこれが本当なら、ひなたと離れることなく商社勤務を続けれるのに・・・と考える亨だった。

 

亨が出勤していると周囲が自分のことを噂している。

 

「海外の子会社に行ったんじゃないの?」

 

「よく会社に来れるよねぇ」

 

亨にとって耐えがたい屈辱だった。

 

 

お願いしますっっ!

 

 

声のする方を見てみると美香がまたビルの前で、亨の上司を掴まえて訴えていた。

 

 

亨と連絡が取れないんです!

 

部長さんから何とか言ってください!!

 

 

部長は「やめないか!!」

 

「誰か警備員を呼んでくれ!!」と叫んでいる。

 

 

 

部長さん、お気の毒・・・

亨を通して美香と接点を持ったばっかりに巻き込まれて・・・

こんな大衆の面前で美香に絡まれるなんて最悪です。

しかし、美香の思考回路はどうなっているのでしょうか・・・

(-ω-;)ウーン

 

 

 

亨はその場から逃げ出した。

 

もう・・・

 

ダメだ・・・

 

もうあの会社を続けることは無理だ・・・

 

亨は先日、声をかけてきたライバル会社の男の名刺を取り出した。

 

 

頼む・・・

あの話、本物であってくれ・・・!!!!

 

藁をもすがる思いで電話を掛ける。

 

会社の代表につながり、呼び出しを依頼する亨。

そのとき、この引き抜きの話はオフレコで進められているという男性の話を思い出す。

 

亨は偽名を名乗り、名刺にある男性の名前「古谷誠一」を呼び出してもらう。

 

しばらくして、電話の向こうから「はい、古谷です」という声が聞こえた。

 

亨は思わず電話を切ってしまう。

 

 

つながった・・・

 

本物の話だ・・・

 

 

 

えーーー?

ちょっと怪しくないですか?

電話がつながったんだから亨は名乗ってみても良かったのでは?

だって、あの男性・・・みたことあるし。

もしかして・・・

( ̄口 ̄∥)

 

 

ひなたは部屋で手紙を読んでいた。

 

 

手紙の文字がところどころ滲(にじ)んでいるようだ。

 

ひなたはその手紙の文字を指でなぞりながら、涙をこぼしている。

 

 

手紙を抱きしめるひなた。

 

 

そして「お姉ちゃん・・・」とつぶやくのだった。

 

 

テーブルの上に置いてあった手紙の封筒が床に落ちる。

 

 

その封筒には差出人の名前「広瀬かなた」と書かれたいた。

 

 

 

一人オフィスでパソコンの前に座る亨。

 

周囲には誰もおらず、他のパソコンの画面は電源が落ちているようなので恐らく夜も遅いのだろう。

 

亨の前の画面には会社名、住所、電話番号、メール、業種・・といったリストが表示されている。

顧客リストといったところか。

 

亨はパソコンに挿していたUSBメモリを抜き席を立った

 

 

<#014 おわり>

 

 

かんかんの#14感想

 

怪しい男が亨に近づいてきましたねー。

ライバル会社からの引き抜きだなんて、ものすごいタイミングだしwww

しかも転職を後押しするのは元婚約者の美香だなんて面白すぎます。

まだ亨の会社に来ているんですね・・・。

上司の部長がお気の毒でなりません。

いくらライバル会社からのオフレコ引き抜きだとはいえ、電話口に本人が出たのなら挨拶くらいすれば良かったのでは?と思いますが、亨もテンパっていたんでしょうか。

とにかく亨はライバル会社への手土産を進めているようですし、ひなたはなぜかお姉さんからの手紙を読んで泣いているし。

まだまだいろいろなことが起きそうですね。

今回はここまで次回、#15をどうぞお楽しみに!!

 

 

【あらすじ】RISKY~復讐は罪の味~#13「会社で暴れる元カノ」に戻って読む

【あらすじ】RISKY~復讐は罪の味~#15「幸せの記憶」を読む

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ】RISKY~復讐は罪の味~#1「鼻持ちならない女」

【あらすじ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ】明日、君に好きって言う。#1

【あらすじ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1