【あらすじ】RISKY~復讐は罪の味~#15「幸せの記憶」

【あらすじ】RISKY~復讐は罪の味~#15「幸せの記憶」

今回、ご紹介する作品はコミック「RISKY ~復讐は罪の味~」です。

原作はたちばな梓さん。

 

朝のラッシュアワーでスマホが取り間違えられたトラブルで知り合った黒田美香と浅井という女性。

黒田美香には桜井亨という婚約者がいるが、亨を前カノから美香が略奪した過去があり現在の二人は上手くいっていない。

そんな美香と亨に偶然を装いアプローチしてきた「ひなた」という女性

美香は亨の上司である部長宅でのホームパーティに出席したが、そこで掛かってきた電話のせいで大失態をみせた。

そのせいで左遷、引き継ぎと現実を受け入れられない。

悩む亨になんとライバル会社からの引き抜きの話が。

相手の男性は本当に信用できるのか?

ひなたは姉からの手紙を読んで涙を流す意味とは?

それでは#15をご紹介していきましょう!!

 

RISKY~復讐は罪の味~

 

#15:幸せの記憶

 

 

あるマンションの一室、男がベランダに出ている。

 

耳にはイヤホン

 

男性は目を閉じて、イヤホンの音声に集中しているようだ。

 

「あ、あの・・食料部の古谷誠一さんお願いします」と聞こえている。

 

イヤホンで電話の通話を聞いているのか?

 

「はい、古谷です」

 

<ブッ>

 

電話はそこで終わったようだ。

 

 

「気付いたか?声が違うだろ?」とイヤホンの音声を聞いて、つぶやく男性。

 

すると

「本物の・・・話か・・?!」と聞こえてきた。

 

男性は吹き出す。

 

「人は追いつめられるとこうも視野が狭くなるんだな」と言い、

「俺も、ひなたも、人のこと言えねぇけど」と続けた。

 

そして

 

「なんであんな手紙、寄こしたんだよ?かね姉・・・」

 

ベランダにいる男性は光汰だ。

 

そしてイヤホンで聞いていたのは前回の亨の引き抜きで確認の電話を入れたときの内容だろう。

 

ひなたが亨の携帯に盗聴アプリを仕込んだと言ってたし・・・

 

ということは亨に引き抜きの話を持ち掛けた男性光汰ということか・・・。

 

 

<回想シーン>

 

ひなたかなたの部屋に洋服を借りに来た。

 

姉は快くクローゼットを見せてやる。

 

洋服を選びながら姉はさり気なくアドバイスをする。

 

ひなたが出掛けるために洋服を借りるのは幼馴染の光汰のためのようだ。

 

ひなたは姉の指摘に慌てるが、姉は全て見抜いていた

 

妹の幸せそうな様子をみて、かなたがひなたに語りだした。

 

 

「そろそろ話したいことがあるの、大事な話」

 

 

「大事な話」と言われても、ひなたは借りた洋服を持って気楽に構えている。

 

「実はね、付き合っている人がいるの」と告白するかなた。

 

ひなたは驚き、姉の交際期間について聞くが、すでに数年以上は経過していると思われ、改めてひなたは驚く

 

「外泊とかしなかったじゃん!あたしが家にいる時、いつも一緒にいてくれたじゃん・・・」

 

 

それはかなたの妹に対する思いやりだったのだろう。

 

 

そしてかなたは「実はね・・・」と続けて自分の腹部を大切そうに抱きしめた

 

 

かなたのお腹には新しい命が宿っているのだ。

 

 

ひなたは興奮し、

「ほんとに・・・ほんとに?」と聞く。

 

「ほんとよ、先週わかったの。今7週だからまだこれくらい」と指で小さな命のサイズを示した。

 

かなたがふとひなたの顔をみると、ひなたはポロポロと涙をこぼしていた。

 

 

かなたは優しく「賛成してくれる?」とひなたに聞く。

 

当たり前じゃん!!

ひなたは喜びの涙が止まらない。

 

 

あたし達の新しい家族。

 

 

両親が亡くなって、ずっと二人で生きてきた。

 

新しい家族が出来るのだ。

 

これ以上、嬉しいことがあるだろうか?

 

 

初めまして!おばちゃんだよー!!

 

と、まだあどけない顔のひなたは姉のお腹の中にいる小さな命に挨拶をした。

 

姉の妊娠を知って、ひなたは嬉しくて仕方ないらしい。

 

朝の準備をしながらも携帯で赤ちゃんが生まれたときの生活用品を検索している。

 

姉の突然の告白からしばらく経過しているのか、今の胎児の大きさを想像するひなた。

 

今度は光汰と一緒に赤ちゃん用品のお買い物に行こうと考えていた。

 

そんなときに携帯の着信音

 

画面には知らない番号が通知されている。

 

電話にでるひなた。

 

 

 

すると電話の向こうでは

 

「広瀬ひなたさんの携帯でしょうか?〇〇病院です。広瀬かなたさんが救急搬送されまして」

 

ひなたは家を飛び出した。

 

 

どうして・・・

 

 

なんで・・・・?

 

 

ひなたは今朝のことを思い出していた。

 

 

いつも通りの朝だったじゃん・・・

 

 

<#015 おわり>

 

かんかんの#15感想

 

亨、はめられてますねーwww

まだ色濃く残る美香の存在でとにかく現状を変えることに必死ですから、このまま転職の準備を進めてくのでしょうね。

亨の行く末もしっかり見届けたいと思います!!

そして今回はひなたの姉のかなたの続きが描かれていました。

前回はひなたとかなたの両親の死によって二人の生活がメインでしたが、今回はかなたの妊娠から事故にあうまでの回想となっていました。

長い間、二人の生活だったところに姉の妊娠、そして恐らく結婚によってかなたの旦那さんが新しい家族となりにぎやかになることも考えていたでしょう。

徐々に話の点がつながりだしました。

ちなみに美香への復讐は亨を略奪することでもう終わったのかな?

今回はここまで次回、#16をどうぞお楽しみに!!

 

 

【あらすじ】RISKY~復讐は罪の味~#14「引き抜き」に戻って読む

【あらすじ】RISKY~復讐は罪の味~#16「姉の自殺」を読む

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ】RISKY~復讐は罪の味~#1「鼻持ちならない女」

【あらすじ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ】明日、君に好きって言う。#1

【あらすじ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1