【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第19話を徹底解説!

【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第19話を徹底解説!

2018年後期のNHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」がスタートしました!!

そこで「ひみつの談話室」でも毎回、ストーリーをご紹介いたします!

 

見逃してしまった方も大丈夫!今からでもまだまだ間に合いますよ!!

一緒に朝ドラ、楽しみましょう!!!

 

第4週「私がみつけます!」(第19話)

 

おもな登場人物

 

●ヒロイン:今井福子(安藤サクラさん)

●ヒロインの未来の夫:立花萬平(長谷川博己さん)

●ヒロインの姉妹(長女):今井咲(内田有紀さん)

●ヒロインの姉妹(次女):香田克子(松下奈緒さん)

●福子の母:今井鈴(松坂慶子さん)

●咲の婚約者:婚約者の小野塚真一(大谷亮平さん)

●克子の夫:香田忠彦(要潤さん)

●大阪商工会の会長:三田村亮蔵(橋爪功さん)

●萬平の共同経営者:加地谷圭介(片岡愛之助さん)

●萬平のライバル?:世良勝夫(桐谷健太さん)

●ホテルのフロント係:保科恵(橋本マナミさん)

※物語の登場人物による会話のところは大阪ことばを再現しているところがあります。(カッコ)の中に別途、わかりやすく記述しておりますのでご参考になさってくださいね。

 

ストーリー

 

萬平さん福子はようやく母、鈴の許しを得て結婚することが出来た

 

1944年(昭和19年)春。

 

二人の結婚から1年が過ぎた。

 

近所の人からも普通に「たちばなさん」と声を掛けられている福子。

 

もともと人当たりの良い性格なので上手く溶け込んでいる様子がする。

 

新聞には強気な記事が多くなる一方、「欲しがりません勝つまでは」といった生活を抑制する見出しも踊っている。

 

萬平さんは新聞を読みながら、台所で作業をする福子と話をしている。

 

戦争によって市民の生活は苦しくなっているのだ。

 

食料品や生活必需品配給制となり、着用している服やカバンには名前をつけており、克子もせっせと縫い付け作業をしながら母の鈴と話をしている。

 

克子は「1年経ってもまだ新婚気分の福子が羨ましい」と話す。

 

母の鈴は相変わらず厳しく、「福子は世話を焼きすぎ!」とまた愚痴っていた。

 

萬平は入隊の身体検査で合格できず、帰されてしまったことを鈴は恥ずかしく思っているようだ。

 

克子は体が弱っているから仕方ないというが、鈴は憲兵による体罰は一年も前だと冷たい。

 

「みんな、お国の為に頑張っているというのに・・・」とこぼしている。

 

 

福子は萬平さんのために少ない食料の中から工夫をし、頑張っている。

 

そんな福子に萬平は感謝するばかりだ。

 

「人にとって何より大事なのは食べることでしょ?」という福子に、萬平は憲兵の牢の中のことを思い出す。

 

「人間、食わなければ終わりだ」という萬平に、福子は「それなら食べられるだけ幸せですね」といい、早く丈夫な体に戻ってくださいねと話すのだった。

 

 

うーむ・・・

この発想が大ヒット商品となった原点になるのですね!!

∑(=゚ω゚=;)

 

 

満開の桜の下、福子はベンチに座っていた。

 

「満開やーー!!」と嬉しそうに見上げながら言う福子。

 

誰かと待ち合わせのようだ。

 

すると

「保科さーん!!!いや、じゃなくて牧さーん!!!」

 

 

えーーーー!!!

恵さん!!牧さんになってのー!?!?

( ̄□ ̄;)!!

 

 

「お久しぶり!今井さん、じゃなくて立花さんか!!

とお互い旧姓から新しい苗字に呼び直す。

 

なんだかいい慣れない様子で結局、「福ちゃん」「恵さん」と下の名前で呼び合うことになった。

 

しかも、恵さんはお腹が大きい

 

二人は久しぶりの再会のようだ。

 

 

福子が結婚で退職したあと、恵さんも結婚後に仕事をやめたらしい。

 

福子がもとの職場の話などを聞くが今は分からないようだ。

 

二人の近況報告によると萬平さんは会社を再開したとのこと。

 

加地谷は相変わらず姿をくらましたままだという。

 

恵さんは加地谷のことで萬平さんを気の毒がるが、萬平本人は何とも思ってないらしい。

 

そんな福子の心配は母の鈴のこと

 

萬平との関係は相変わらずだからだ。

 

 

いやいや!!

私たちが何より気になるのが恵さんと牧先生のことですよねー!!

(。-`ω´-)

 

 

もともと恵さんを取り合っていた牧先生と野呂さんでしたが、どうやら野呂さんは戦争に行ってしまったようです。

 

牧先生も萬平さんと同じで身体検査で帰されてしまった派らしく(原因はおしりの出来物だとか)、今も歯科医を続けているようです。

 

ライバルのいなくなった牧医師は余裕が出来たのか、恵さんには随分落ち着いて見えたらしく気が付けば恵さんが牧先生を好きになっていたとか!!!

 

 

いやー!ホントに驚きました!!

人生ってわからないものですねーー!!!

(-“-;A …アセアセ

 

 

ちなみに恵さん、妊娠七か月。

 

予定日は7月7日だそうです。

 

 

今は桜満開の春。

 

 

あと3ケ月で牧先生のベビーが誕生しますよー!!

(●≧艸≦)゛

 

 

女子トークは尽きず、いろいろな人の話題があがります。

 

世良さんも戦争に行っているのだとか。

 

 

またみんなで集まれたらいいですねー。

(*´∀`)/

 

 

福子は実家の鈴にも差し入れを持って会いに行く。

 

どの家も主人が戦争に行って女が家を守っている。

 

誰もが我慢し、つらい思いをしているのだ。

 

 

結婚に反対している鈴も孫の顔はみたいようで福子に催促する母。

 

福子は母を心配して「一緒に暮らそう」と誘う福子だが、母は首を横に振るばかり。

 

母と娘の遠慮ない会話も相手への気遣いが感じられ、最後には笑い合う二人

 

 

まだ笑えるだけの余裕があるのだ。

 

 

生活は苦しくなっても、物資が配給制になっても、戦争はまだどこか遠いところの話だとぼんやり感じているだけなのだ。

 

 

しかし、いよいよ日本国土に迫りつつあるのだった。

 

三か月後、北九州の地で空襲が起こる。

 

 

第19話 おわり

 

かんかんの第19話感想

 

貧乏だけどやっと一緒になれた二人はそれだけで幸せなんでしょうねー。

萬平さんも福子もつらい壁を乗り越えただけあって、苦労は苦労でないのでしょう・・・。

しかし、避けられないもの・・・戦争は確実に迫っていました。

どうかみんなが無事でありますように。

恵さんと牧先生の結婚には本当に驚きましたが、無事に赤ちゃんを産んでほしいです。

誰の涙をみることがないことを祈ります!!

 

それでは第20話もどうぞお楽しみに!!

 

【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第18話を徹底解説!に戻って読む

【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第20話を徹底解説!を読む

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ・ネタバレ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私<港区会デビュー編>#001