【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第21話を徹底解説!

【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第21話を徹底解説!

2018年後期のNHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」がスタートしました!!

そこで「ひみつの談話室」でも毎回、ストーリーをご紹介いたします!

 

見逃してしまった方も大丈夫!今からでもまだまだ間に合いますよ!!

一緒に朝ドラ、楽しみましょう!!!

 

第4週「私がみつけます!」(第21話)

 

おもな登場人物

 

●ヒロイン:今井福子(安藤サクラさん)

●ヒロインの未来の夫:立花萬平(長谷川博己さん)

●ヒロインの姉妹(長女):今井咲(内田有紀さん)

●ヒロインの姉妹(次女):香田克子(松下奈緒さん)

●福子の母:今井鈴(松坂慶子さん)

●咲の婚約者:婚約者の小野塚真一(大谷亮平さん)

●克子の夫:香田忠彦(要潤さん)

●大阪商工会の会長:三田村亮蔵(橋爪功さん)

●萬平の共同経営者:加地谷圭介(片岡愛之助さん)

●萬平のライバル?:世良勝夫(桐谷健太さん)

●ホテルのフロント係:保科恵(橋本マナミさん)

※物語の登場人物による会話のところは大阪ことばを再現しているところがあります。(カッコ)の中に別途、わかりやすく記述しておりますのでご参考になさってくださいね。

 

ストーリー

 

昭和20年3月。

 

萬平さん福子そして母の鈴は大阪から萬平さんの遠縁を頼って疎開するこになった。

 

汽車の中は疎開する人たちですし詰め状態。

 

3人も大きな荷物を抱え、座っている。

 

途中、通路に立っている年配者に福子と萬平は席を譲るが、萬平はやはり体が傷むのか辛そうだ。

 

とにかく萬平を気遣う福子。

 

福子から大きな荷物を預かった鈴には何も声をかけてもらえず、小さなアピールかのように「重い・・・」とつぶやくのだった。

 

 

福ちゃんが完全に萬平さんのほうを向いているので鈴さん、ちょっと寂しいのかな?

(;^ω^)

 

ようやく上郡の駅に到着した三人。

 

駅前は人通りもなく閑散としている。

 

遠縁の家までさらに一山超えると聞いた鈴はうなだれて「バス停はどこ・・・」などと言っている。

 

萬平さんの辛そうな様子が福子は気になってしょうがない。

 

3人でゆっくり山道を歩きながら、進んでいく。

 

疲労がみえる萬平の分まで荷物を持つという福子の様子を見た母は「私の荷物も持ってちょうだい」と言うのだった。

 

 

鈴さん・・・構ってほしいのかな・・・。

(;´▽`A“

 

 

結局、鈴さんの荷物を引受け、前が見えないほどの福子。

 

 

克子なら「おかあさん!それくらい自分で持てば」と一喝していたところだろう・・・。

( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

 

ここは兵庫県黒竹村。

 

山と田んぼに囲まれたのどかなところだった。

 

福子たちがお世話になるのは萬平のはとこにあたる

井坂八重主人の井坂権三の自宅の離れだ。

 

 

藁ぶき屋根で、いろりのあるしっかりした住居だ。

 

 

が、しかし、

 

 

電気が通っていないという。

 

 

驚く3人だったが、萬平は挨拶でまわる先で電球などを手に入れていくのだった。

 

 

鈴はここでもマイペース。

 

相変わらずの「私は武士の娘ですから」と言い、周囲を気遣わせる。

 

 

鈴さん、面倒な人にはならないでねー!!!

(;´Д`)

 

 

夕方、台所では福子がご近所からいただいたという大根、人参、ねぎや菜っ葉などがそろっており、鈴も目を輝かせる。

 

しかし、福子は萬平ファーストで、隣で何やら作業をしている萬平さんに「今夜は煮込みうどんにしましょうか」などと言い、鈴よりも先にメニューを決めてしまう。

 

鈴はおもしろくない。

 

「どうして勝手に決めるのよ」と愚痴をこぼす鈴。

 

「でもおかあさんの好物でしょ?」と福子に言われ、しぶしぶ同意する鈴。

 

 

鈴さん・・・構ってほしいのかな・・・。(PART2)

(*´艸`*)

 

 

福子と鈴は台所、萬平さんは何やらコードをつなぎ合わせたりして作業を続けている。

 

いろりにも火がともり、煮込みうどんも出来上がった。

 

福子は萬平さんに声をかけているとパッと部屋が明るくなった!!

 

 

電気が通ったのだ!!

 

 

鈴も福子も思わず笑顔。

 

 

さすが萬平さん!!

発明家だけあっていろいろな知識を持ってるんですねー!!

とーってもステキ!!

ヾ(*´∀`)ノ

福ちゃんがメロメロなのも分かる~~~!!

 

 

萬平、福子、鈴という3人の初めての食事が始まった。

 

 

なんだかとってもぎこちない感じがしますねー。

萬平さんと一緒にいる福子は本当に幸せそうで、かわいい妻です。

二人を見ているほうが嬉しくなるくらいです!!

(/∀\*)

 

 

萬平は食事をしながら、いつも自分の体のことを気遣ってくれる福子に御礼を言う。

 

鈴がまた意地悪を言うが、さらりとかわす萬平。

 

萬平さんを大好きな福子は鈴との間で板挟みになりそうな予感・・・。

 

 

鈴さん・・・構ってほしいのかな・・・。(PART3)

(ノ∀≦*)ノ゛

 

 

第21話 おわり

 

かんかんの第21話感想

 

大阪で戦争に怯えていた毎日よりも疎開先は、のどかで何もないところだけれど心が落ち着き、萬平さんの体も療養できるので良かったと思います!!

一つ屋根の下に母と主人の板挟みになることもあると思うけど、戦争が終わるまでの我慢!!

がんばれ!!福ちゃん!!

それでは第21話もどうぞお楽しみに!!

 

【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第20話を徹底解説!に戻って読む

【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第22話を徹底解説!を読む

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ・ネタバレ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私<港区会デビュー編>#001