【あらすじ】整形シンデレラ#2「ブスは人生終わっている(2)」

【あらすじ】整形シンデレラ#2「ブスは人生終わっている(2)」

今回、ご紹介する作品はコミック「整形シンデレラ」です。

原作は四ツ原フリコさん。

 

自分の顔、好きですか?

エラの張った輪郭、腫れぼったいまぶた、大きめの鼻、分厚い唇・・・卑屈なブスOLの橘凛(たちばな・りん)

同期で同い年の貝塚凛(かいづか・りん)は社内一番の美人で同じ名前「凜」が災いして比較されては惨めな思いをしている。

 

「ブスの人生は終わってる」

 

そう思いながら生きている橘凜だったが、ある日、宝くじがあたり1千万円を超える配当金を手に入れる。

そんな中、会社の飲み会だと思って参加した場は合コンだった。

そこでも貝塚凛と比較される橘凜はついに・・・

 

それでは#2をご紹介していきましょう!!

 

整形シンデレラ

 

#2:ブスは人生終わっている(2)

 

 

飲み会に誘われ参加したところは合コンだった。

 

そこには同じ名前の同僚、貝塚凛もおり、話をしているところに割り込んできた男性と話をしているうちに・・・

 

少し緊張がとけた橘凜は

 

<合コンといっても・・知り合いの輪が広がると思えば・・>

 

と感じ始めていた。

 

割り込んできた男性は名前を「松平」と自己紹介した。

 

 

<こういう場所も悪くないかな・・・>と思い出す橘凜。

 

 

松平が「橘さんて仕事できそう」とビールを継ぎながら話かける。

 

すると貝塚凛も素直に同意する。

 

二人に褒められて、戸惑う橘凜。

 

 

3人でしばらく話をし、ようやく橘凜の表情もほぐれてきたころ、「凜ちゃん」と呼ぶ声が聞こえ、

 

「はい?」と橘と貝塚、またまた二人が同時に返事をしてしまう。

 

すると一瞬、場の空気が固まったあと、一斉に突っ込みが入る。

 

 

え――――!!!

 

二人って同じ名前―!?

 

年齢も一緒なの―ッ!?

 

 

貝塚と比較され、居たたまれなくなった橘凜はそそくさとトイレに行くと席を立つ。

 

 

宴会場から出た途端、聞こえてくる中の会話・・・

 

「かわいい子連れてきてって言ったじゃん!」

 

「最初見てびっくりした~」

 

「引き立て役にしたってあれはないよね?」

 

「松平、お前狙われてたんじゃねぇの?」

 

それぞれが言いたい放題・・・

 

 

貝塚と3人、楽しく会話をしていたはずの松平も

「は?マジ勘弁」と笑う。

 

「そりゃ普通におべっかは使うけど、恋愛はないでしょ」

 

「だって、あの顔だぜ?無理だって」

 

 

 

橘凜はトイレで顔を洗っていた。

 

<神様は本当に残酷だ>

 

<あんなことを言う人たちが>

 

 

私より綺麗な顔で笑っている・・・。

 

 

<もし私が・・貝塚さんみたいにキレイだったら・・>

 

<彼女みたいに美しかったら・・>

 

 

 

インターネットの検索サイトに打ち込んだキーワード・・・

 

 

美容整形

 

 

オフィスでは橘凜の所属する部署がてんやわんやになっている。

 

橘凜が急に有給を取得したため、業務がまわらないのだ。

 

橘さんにしかわからない仕事がいっぱいあるのに~と女子社員が嘆いている。

 

 

 

「休暇って2週間でしょ?何してるんだろ?」

 

「旅行でも行ってるのかな」

 

そんな愚痴も聞こえてくる。

 

 

すると会社の制服を着て颯爽と廊下を歩く女性が・・・

 

 

顎整形 シリコンプロテーゼ 35万

 

 

 

この髪型・・・そして後ろ姿・・・

 

 

すれ違う女性社員もすれ違った瞬間、驚いて振り返るほどの女性とは・・・?

 

 

 

鼻中隔延長術 50万

 

頬下顎骨形成手術 エラ削り 140万

 

 

オフィスでは貝塚凛と同僚の女性が先日の合コンの話をしているところに、女性があらわれる。

 

 

「あ、橘さ・・・ん」

 

 

貝塚も振り返り「・・・橘さん」

 

なんか、雰囲気変わった?

 

 

<ブスは人生終わってるけど>

 

 

「そうですか?」

 

そう答えた女性は確かに橘凜だった。

 

 

 

エラの張っていた顔の輪郭はスッキリし、鼻筋の通った涼しい印象の顔立ち

 

しかし、顔や首筋のほくろはそのままだから間違いない・・・

 

 

「私はここから始めるのです」

 

 

<#2 おわり>

 

かんかんの「整形シンデレラ#2」感想

 

橘凜はついに美容整形に踏み切りましたね。

今回は顔下を変えていましたが、まだまだ満足せず変えていくつもりなのでしょうか。

ここで少し気になるのは貝塚凛は橘凜にとても優しいですよね。

本当に仏のような心の持ち主なのか、もしくは貝塚凛も整形の過去があるとか?

だから美しさに恵まれない橘凜に過去の自分を重ねているとか・・・?などと勝手に疑っております。

とにかく「美」への憧れだけでなく、本当に顔を変え始めた橘凜の今後の人生を見守りたいと思います!!

「整形シンデレラ」#2はここまでー!

次回、#3をどうぞお楽しみに!!

 

【あらすじ】整形シンデレラ#1「ブスは人生終わっている(1)」に戻って読む

【あらすじ】整形シンデレラ#3「涙は美人の特権(1)」を読む

 

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ】RISKY~復讐は罪の味~#1「鼻持ちならない女」

【あらすじ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ】明日、君に好きって言う。#1

【あらすじ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1