【あらすじ】センセイは嘘つき#1

【あらすじ】センセイは嘘つき#1

今回、ご紹介する作品はコミック「センセイは嘘つき」です。

原作は欧坂ハルさん。

 

ダッサい美術教師、狭間

誰も恋愛対象としてなかったのになぜか気になる!?

自他ともに認める「かわいさ」をもった女子高生、いちか

男なんて私の思い通り!!そう思っているいちかは自分に反応しない狭間を友人たちに「狭間を落とす」宣言をしてアプローチするが・・・?

 

女子高生いちかが奮闘するラブコメディー「センセイは嘘つき」

それでは#1をご紹介していきましょう!!

 

センセイは嘘つき

 

#1:女子高生いちか

 

オトコなんて誰でもあたしの思い通りになると思ってた。

 

桐谷いちかは高校生。

 

自分がかわいいのは自覚している。

 

だからオトコは自分の思い通りになると思ってるのも当たり前かも。

 

 

いちかちゃん、適当に男の子と遊び、ホテルも行っちゃいます!!

 

今日も学校で遊んだ男の子の話題で盛り上がっていると美術教師の狭間が通りかかる。

髪はボサボサヨレヨレの白衣サンダル

眼鏡で顔全体の様子は分からないが、ダサい感じは否めない

 

 

いちかと友達が男の子の話題で盛り上がるのをしっかり聞いていて、
狭間はいちかに「ヤリたい盛りの男子ですから、相手は誰でもいいんでしょうけどね」と男子を擁護する。

 

いきなりダサい美術教師から突っ込まれてキレるいちか

 

 

かわいいと自他ともに認めているだけあって、そんな突っ込みされたらキレるわなー。

気になる相手の始まりってこんな感じだよねー。

 

 

クラスの担任から職員室にプリントを届けるよう指示されたいちか。

いちかが困れば、男子がさっさと助けてくれます。

でも・・・

 

 

 

どうも、かわいいがあまり男子にチヤホヤされ、自分の気持ちってどこにあるのか分かっていない様子。

好きって感情を本当に知ってるかな?

それはこれから学んでいくんだねー!!いちかちゃん!!

 

 

プリントを職員室に届けたいちかはコードを踏んで転んでしまい、美術教師の狭間に倒れ込んでしまった。

倒れた勢いで狭間の眼鏡がずれる。

その様子をみたいちかは「実はイケメン!?」と感じるが、狭間に誤魔化されてしまう。

 

 

それどころか、狭間の色気ないコメントにブチ切れるいちか。

 

放課後、友人たちとカラオケボックスで遊ぶも、イライラが治まらない

すると、突然、

 

「私、桐谷いちかは!美術教師モサ男をオトすことをここに宣言します!!」

 

と、突然の宣言・・・。

 

一同、ボー然。

 

 

 

 

そりゃ周囲は驚くよねー。

ダサイ美術教師をオトして何の得があるのか・・・

恐らく、いちかのゲーム、腹いせなんでしょう。

 

 

一方、職員室ではいちかの担任が美術の狭間に桐谷いちかのことで話かけていた。

 

「(いちかが)迷惑をかけているでしょう?」という担任に大丈夫だと微笑んで答える狭間。

 

そのあと、フッと鼻で笑う狭間。

 

 

ようやく眼鏡の奥の瞳が見え、狭間の顔立ちが明確になる。

確かにイケメン。

 

 

カラオケボックスでの宣言に盛り上がるいちかと友人たち。

 

さて、どのような展開になっていくことやら・・・。

 

<#1 おわり>

 

 

かんかんの「センセイは嘘つき#1」感想

 

容姿に恵まれたいちか。

そのため、人にとって「大切な気持ち」を知らないまま過ぎてきたようですね。

これから、いちかと狭間先生がどうなっていくのか楽しみです!!

#2もどうぞお楽しみに!!!

 

【あらすじ】センセイは嘘つき#2を読む

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ】RISKY~復讐は罪の味~#1「鼻持ちならない女」

【あらすじ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ】明日、君に好きって言う。#1

【あらすじ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1