【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第23話を徹底解説!

【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第23話を徹底解説!

2018年後期のNHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」がスタートしました!!

そこで「ひみつの談話室」でも毎回、ストーリーをご紹介いたします!

 

見逃してしまった方も大丈夫!今からでもまだまだ間に合いますよ!!

一緒に朝ドラ、楽しみましょう!!!

 

第4週「私がみつけます!」(第23話)

 

おもな登場人物

 

●ヒロイン:今井福子(安藤サクラさん)

●ヒロインの未来の夫:立花萬平(長谷川博己さん)

●ヒロインの姉妹(長女):今井咲(内田有紀さん)

●ヒロインの姉妹(次女):香田克子(松下奈緒さん)

●福子の母:今井鈴(松坂慶子さん)

●咲の婚約者:婚約者の小野塚真一(大谷亮平さん)

●克子の夫:香田忠彦(要潤さん)

●大阪商工会の会長:三田村亮蔵(橋爪功さん)

●萬平の共同経営者:加地谷圭介(片岡愛之助さん)

●萬平のライバル?:世良勝夫(桐谷健太さん)

●ホテルのフロント係:保科恵(橋本マナミさん)

※物語の登場人物による会話のところは大阪ことばを再現しているところがあります。(カッコ)の中に別途、わかりやすく記述しておりますのでご参考になさってくださいね。

 

ストーリー

 

昭和20年春。

 

戦局は絶望的だった。

 

日本は敗戦への道を突き進む中、萬平福子疎開先の上郡で山菜を積みながら歩いていた。

 

も疎開先の暮らしに随分と慣れた様子で、お世話になっている萬平のはとこの夫婦と話をしながらお茶を飲んでいる。

 

 

するとそこへ・・・

 

軍服を着た男性がやって来る。

 

立花萬平さん(のお住まい)はこちらですか?」と聞かれ、

「はい」と答える鈴。

 

 

男性はかぶっていた帽子を脱いで一礼し、

 

「おめでとうございます。召集令状です」

 

赤紙を差し出した。

 

 

山菜取りから戻った萬平と福子。

 

令状を受け取った鈴と3人、重い空気が流れている。

 

鈴は「今度は身体検査で帰されないでくださいね」と萬平に話す。

 

「はい」と静かに答える萬平。

 

福子は涙目のまま、母の話を耳にしていた。

 

 

福子は半ば放心状態で話を始める。

 

 

「役場の人が言うてた・・

大阪も神戸も空襲があって、東京も大きな被害にあって日本はもうダメなんじゃないかって。

今、兵隊に駆り出される兵隊さんは生きて帰れないって。

爆弾を抱えて敵の戦車に突っ込むんやて!!」

 

話をしているうちに感情が高ぶったのか福子の目から涙がポロポロと零れ落ちる。

 

 

鈴もそれは十分に分かっている。

 

萬平も内心は複雑だろうが、自分が召集されることに理解のある態度をとってみせた。

 

その日の夜は二人が摘んできた山菜の鍋。

 

福子は泣きながら食べている。

 

 

みんなそれぞれが眠れない時間を過ごす家族。

 

 

鈴の枕元にはまた姉の咲が・・・

 

いつも鈴の心の代弁をしてくれる咲だが、今回は咲の言うことに鈴は否定する。

 

 

少しずつ、鈴の心境も変化してきているのだろうか?

 

 

翌朝、萬平の身体測定が行われるはずだったが、事件が起こる

 

萬平がひどい腹痛と発熱で苦しんでいるのだ。

 

福子は驚いて家を飛び出すが、医者のところまで山を一つ越えなければいけない。

 

それでも福子は必死で走った

 

 

萬平さんの様子をみに鈴や周囲の住民たちがやって来る。

 

皆であーでもない、こーでもないと口々に推測し続けるが、萬平の様子は変わらない。

 

 

ようやく福子が医者を連れて帰ってきた。

診察によると腹膜炎らしく、薬を投与しても助かるのは五分五分だと言われてしまう。

 

 

鈴は思わず神社に「お百度参り」に出かける。

 

福子は萬平に付きっ切りで看病し、容態を見守る。

 

 

ふと、福子は萬平とのこれまでの思い出を思い返していた。

 

萬平が福子に自分の仕事の夢を語ったとき・・

 

憲兵の牢屋から解放されてきたとき・・

 

結婚してからの二人の生活・・・

 

二人の大切な思い出、二人の時間・・・

眠ったままの萬平の髪をそっとかき上げてやりながら、涙をこぼす福子だった。

 

 

第23話 おわり

 

かんかんの第23話感想

 

この状態に至って召集令状がきて誰が「おめでとうございます」なんて言えるものか!!

戦争よりも萬平だんが大事!!福子の気持ちがよく分かります。

しかし腹膜炎により二度目の身体測定も参加できなかった萬平さん。

これはきっと神様が「来てはいけない」と言っているんですね。

そして、最初はあんなに萬平を嫌い、結婚した娘にもつらく当たっていた鈴でしたが、萬平さんの回復はもちろん、福子の幸せのためにお百度参りをする姿に「親心・無償の愛」がひしひしと伝わってきました。

薬を飲んで、どうか乗り越えられますように。

 

それでは第24話もどうぞお楽しみに!!

 

【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第22話を徹底解説!に戻って読む

【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第24話を徹底解説!を読む

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ・ネタバレ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私<港区会デビュー編>#001