【あらすじ】センセイは嘘つき#2

【あらすじ】センセイは嘘つき#2

今回、ご紹介する作品はコミック「センセイは嘘つき」です。

原作は欧坂ハルさん。

 

ダッサい美術教師、狭間

誰も恋愛対象としてなかったのになぜか気になる!?

自他ともに認める「かわいさ」をもった女子高生、いちか

男なんて私の思い通り!!そう思っているいちかは自分に反応しない狭間を友人たちに「狭間を落とす」宣言をしてアプローチするが・・・?

女子高生いちかが奮闘するラブコメディー「センセイは嘘つき」

それでは#2をご紹介していきましょう!!

 

センセイは嘘つき

 

#2:朝練習

 

 

朝から気合が入っているいちか。

 

そう、今日は美術の授業のある日。

 

二人一組でデッサンをすることになり、いちかは狭間とペアになると申し出ます。

 

相手を描写しながら話をする二人。

 

狭間はいちかが以前にポスターで賞を取ったことを覚えていた。

 

狭間が描いたいちかのデッサンはとても美しくよく描けていて、本人が照れて思わず言葉を失うほど

 

それでも、なんとか狭間を陥れるチャンスをつくりたいいちかは美大に行きたいので朝練して!!と頼み込む。

 

学年主任の許可をとるという狭間に、決まったら連絡して!といちかは自分の携帯IDを渡して帰っていく。

 

美大ねぇ・・・また眼鏡の奥の瞳が見え、いちかの申し出が純粋でないということは分かっている様子。

 

バーガーショップで遊んでいると先日、いちかとホテルに行ったらしき男子がやって来る

行為が早く終わったのでソーローくんと呼ばれています・・・かわいそう)

 

ソーローくん、相当いちかのかわいさにハマってる様子。

 

高そうなネックレスをプレゼントしてきた。

 

いちかは喜ぶ素振りを見せながらも「一応、キープかな」なんて思われてるって・・・。

 

恐ろしい・・・

 

するとそこへ狭間から携帯に連絡が。

 

朝練の了解を得られたという。

 

いちかにとっては朝練なんてもちろんどうでもいい話。

 

いちかが欲しかったのは先生の連絡先

 

「ガンガン攻めてやるから覚悟してよね!先生~!!」

 

なーんて!!いちかちゃん、鼻息が聞こえてきそうだよ・・・。

 

まあしばらくはいちかちゃんの奮闘を静観するとしましょう・・・

 

ソーローくんも適当に解放してあげてねー

 

<#2 おわり>

 

 

かんかんの「センセイは嘘つき#2」感想

いちかは可愛いだけではなく、美術のセンスもあったのですね!!

それなら実力でセンセイに勝負すればいいのに・・・

やはりかわいさの自信が先だってしまうのでしょうか。

でもソーローくんのように適当にキープ♪なんてしてると怖いことになるんじゃないのかな・・・。

まー今のいちかちゃんにはそんなこと耳に入らないだろうけど、とりあえず朝練がんばってねー!!

#2はここまで。

#3もどうぞお楽しみに!!!

 

【あらすじ】センセイは嘘つき#1に戻って読む

【あらすじ】センセイは嘘つき#3を読む

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ】ユリゴコロ#1-1(コミック版)

【あらすじ】RISKY~復讐は罪の味~#1「鼻持ちならない女」

【あらすじ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ】明日、君に好きって言う。#1

【あらすじ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1