【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第31話(11/5放送)を徹底解説!

【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第31話(11/5放送)を徹底解説!

2018年後期のNHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」がスタートしました!!

そこで「ひみつの談話室」でも毎回、ストーリーをご紹介いたします!

 

見逃してしまった方も大丈夫!今からでもまだまだ間に合いますよ!!

一緒に朝ドラ、楽しみましょう!!!

 

第6週「お塩を作るんですか!?」(第31話)

 

おもな登場人物

 

●ヒロイン:今井福子(安藤サクラさん)

●ヒロインの未来の夫:立花萬平(長谷川博己さん)

●ヒロインの姉妹(長女):今井咲(内田有紀さん)

●ヒロインの姉妹(次女):香田克子(松下奈緒さん)

●福子の母:今井鈴(松坂慶子さん)

●咲の婚約者:婚約者の小野塚真一(大谷亮平さん)

●克子の夫:香田忠彦(要潤さん)

●大阪商工会の会長:三田村亮蔵(橋爪功さん)

●萬平の共同経営者:加地谷圭介(片岡愛之助さん)

●萬平のライバル?:世良勝夫(桐谷健太さん)

●ホテルのフロント係:保科恵(橋本マナミさん)

※物語の登場人物による会話のところは大阪ことばを再現しているところがあります。(カッコ)の中に別途、わかりやすく記述しておりますのでご参考になさってくださいね。

 

ストーリー

 

1946年(昭和21年)5月

 

萬平さん福子母の鈴神部の4人は大阪の中心部から南へ約20キロ離れた、泉大津に到着した。

 

大きな海を目の前に大はしゃぎの萬平、福子、神部。

 

 

そして問題の倉庫の扉を開けのだった。

 

 

福子たちが住むことになった場所は軍人たちの施設だったという。

 

埃だらけの倉庫、そして家屋。

 

倉庫は萬平と神部が、そして家のほうは福子と鈴が担当しているようだ。

 

文句は言ってもやはり女手は必要

 

台所の床拭きなど母の鈴はせっせと進めてくれる。

 

 

愚痴は言ってもやはり助かるねー!!

鈴さんありがたい!!

 

 

福子は何でも前向きで本当に萬平さんに惚れているのがよく分かる。

萬平がいればそれでいいようだ。

見ていて、本当にほっこりするし、こっちも前向きになれる感じがします。

 

 

一方、何かにつけて文句を言う鈴に対して福子は「あのまま克子姉ちゃんの家にいればよかったのに」と返事する。

 

 

話題が子供の話になりそうになるとサラッと話を切り替えるあたり、福子も強くなった・・・。

 

 

萬平は倉庫で神部でみつけた鉄板について調査していた。

 

 

萬平がいくら発明家で優秀とはいえ、人手は必要。

神部くんに来てもらって良かったと思う。

女手同様、男手も必要なのだ。

 

 

神部も泉大津の青空の下、真っ青な海を目の前に張り切っている。

 

 

神部さん、萬平さんたちに出会えてよかったよね!!

 

 

福子たちが家を掃除しているとき、学友のハナちゃんが訪ねて来てくれた。

 

再会を喜ぶ二人。

 

たくさんの野菜を手土産に来てくれたため、夕食は豪華。

 

ただし萬平さんの頭の中は倉庫から見つかった80枚以上の鉄板のことでいっぱい。

 

夕食のおかずも分かっていないほどだった。

 

 

食事を終えたあとも萬平は倉庫で鉄板を前に考え事をしている。

 

そんな萬平を福子は夜の散歩に誘った。

 

いろいろな話をする二人。

 

 

福子には萬平さんがいれば無敵で幸せなように、萬平さんもきっと同じ思いでいるのがよく分かる。

 

 

家族だけになった克子たちの家では忠彦の画を娘が見ていた。

 

これまで忠彦は鮮やかな色使いで鳥の画を描いていたが、戦地から戻って初めて描いた画は魚

 

モノトーンな色使い、いろいろな魚たちは体に大きな影があったり、どこか全体的に暗く怖い感じさえする。

 

しかし、娘のタカ「綺麗」だと言い、克子「素敵」だと言うのだった。

 

 

萬平達4人はラーメン屋に来ていた。

 

ラーメンは美味しいが、塩が手に入らず薄味だった。

 

店の亭主の話を聞きながら、萬平はあることを思いついた。

 

 

萬平は

 

「塩だ!!」と叫んだ。

 

 

第31話 おわり

 

かんかんの第31話感想

 

福子たちの新しい生活が始まりました!!

鈴さんはマイペースで愚痴も多いけど、やはり母親。

いろいろ福子の手伝いをしてくれるし、助かりますよね!!

神部君にしても萬平さん一人ではいくら優秀でも無理なことはあるし、相談相手も必要でしょう。

萬平さんも助かっているはずです。

何より、見知らぬ土地で2人で生活するのも楽しいでしょうが、4人だと心強いです。

さて、ラーメン屋の亭主の話からヒントを得て「塩づくり」を思いついた萬平さん。

どうなっていくのか楽しみですね!!

次回、#32もどうぞお楽しみに!!!

 

【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第30話(11/3放送)を徹底解説!に戻って読む

【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第32話(11/6放送)を徹底解説!を読む

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ・ネタバレ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私<港区会デビュー編>#001