【あらすじ】ユリゴコロ#4(コミック版)

【あらすじ】ユリゴコロ#4(コミック版)

今回、ご紹介する作品はコミック「ユリゴコロ」(コミック版)です。

原作:沼田まほかるさん、作画:亜月亮さん

 

ベストセラー「ユリゴコロ」がコミック化されました。

最近では映画化もされ、話題の作品となっていますよね。

 

ある一家に起こる不幸な出来事の数々

実家の押し入れから見つかった殺人の告白が綴られたノート

小説とは思えないまるで「殺人鬼の告白手記」のような内容。

読めば読むほど混乱する亮介。

「わたし」とは一体誰なのか?父か?母か?全く別の人物か?

それでは#4をご紹介していきましょう!!

 

ユリゴコロ

 

#scene.1-4

 

ある日、公園でミチルちゃんそっくりな女の子をみつけた「わたし」

 

ずっと胸の奥にしまい込んでいた感情が湧き上がってくる。

 

すると、ミチルちゃんにそっくりな女の子がかぶっていた麦わら帽子が風に飛ばされた。

 

 

飛ばされた帽子は運悪く、側溝の隙間に入り込んでしまった。

 

ミチルちゃん似の女の子がお兄ちゃんと帽子が落ちた戻ってきて様子を見ている。

 

兄はのんきに「お母さんにおこられるぞー」などと妹をからかいながらも、側溝の隙間から手を入れたりして帽子を取り戻そうとしていた。

 

どうやら側溝にはめられた転落防止の鉄板を他へどけなければ子供の手では帽子に届かないようだ。

 

しかし、鉄板は大きくて子供の力では動きそうにない。

 

そこへ偶然、通りかかった青年が一緒に様子を見てくれている。

 

女の子はなかなか帽子が戻らず、ついに泣き出してしまった。

 

青年は自分が側溝の鉄板の片側を持ち上げ、隙間を大きく開けているうちに男の子に帽子をとるように促した。

 

「わたし」はその隙間から見えた暗闇に心を奪われる

 

男の子が上半身を側溝にもぐらせ、帽子をとろうと乗り出す

 

「わたし」は見えないチカラに動かされ、青年が持ち上げている鉄板へ手を伸ばした

 

手伝う様子を見せながら、タイミングを狙って鉄板を上から押し付けた

 

大きな鉄板は青年の手をも離れて男の子の上半身を挟み付けた

 

男の子はその瞬間から動かなくなってしまった。

 

茫然とする青年、そして妹・・・。

 

 

 

「わたし」はそのまま立ち去った

 

 

・・やった

 

 

やった

 

 

また新しい「ユリゴコロ」が来てくれた・・・

 

 

 

不可解なノートを読んでいた亮介の手からノートが落ちる

 

完全に混乱している亮介。

 

ノートの意味が分からない。

 

小説とは思えない、本物の殺人鬼の告白手記のよう。

 

 

一体、これは誰が書いたのか?

 

 

母が死んでしまった今、このノートの告白は父によるものなのか?

 

ふと、亮介の頭にある考えが浮かぶ。

 

 

子供の頃、入れ替わったと思った母のこと・・・

 

あれが間違いではなかったとしたら?

 

本当の母は殺された!?

 

そして入れ替わったほうの母も交通事故で・・・。

 

 

亮介はすぐに恐ろしい自分の想像を打ち消した。

 

 

父がなんのためにそんなこと・・・

 

 

!!!

 

 

「ユリゴコロ」のため・・・??

 

 

亮介がいろいろと思い考えているとき、不在にしていた父は家の前まで帰って来ていた。

 

 

もし、この「わたし」が父だったとしたら・・・

 

 

 

亮介はまだ考えていた。

 

 

ガラッ

 

 

玄関のドアが開いた。

 

亮介の靴が玄関にある。

 

 

「・・・・亮介?」

 

 

「来てるのか?」

 

 

家の中に向かって声をかけるのだった。

 

 

<#4 おわり>

 

かんかんの「ユリゴコロ#4」感想

 

謎すぎるーーーー!!!

ノートを読む亮介の目線で話が進み、その他に何も情報がないので読んでいるこちらも混乱してしまいます。

まだ「わたし」が男性か女性かもわかならいし、漫画なのに「わたし」の容姿はまったくの謎。

亮介の父の表情も意味深で何を考えているのか分かりにくいし。

心理的な怖さを感じる物語でした。

ノートを読んでいる亮介は父の帰宅を知っているのでしょうか。

ノートを読んでいたことが知られてはヤバいのでしょうか。

次号もドキドキしながら読んでいくことでしょう。

#4はここまで。

次回、#5をどうぞお楽しみに!!

 

【あらすじ】ユリゴコロ#3(コミック版)に戻って読む

【あらすじ】ユリゴコロ#5(コミック版)を読む

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ】RISKY~復讐は罪の味~#1「鼻持ちならない女」

【あらすじ】整形シンデレラ#1「ブスは人生終わっている(1)」

【あらすじ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ】明日、君に好きって言う。#1

【あらすじ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1