【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第37話(11/12放送)を徹底解説!

【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第37話(11/12放送)を徹底解説!

2018年後期のNHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」がスタートしました!!

そこで「ひみつの談話室」でも毎回、ストーリーをご紹介いたします!

 

見逃してしまった方も大丈夫!今からでもまだまだ間に合いますよ!!

一緒に朝ドラ、楽しみましょう!!!

 

第7週「私がなんとかします!」(第37話)

 

おもな登場人物

 

●ヒロイン:今井福子(安藤サクラさん)

●ヒロインの未来の夫:立花萬平(長谷川博己さん)

●ヒロインの姉妹(長女):今井咲(内田有紀さん)

●ヒロインの姉妹(次女):香田克子(松下奈緒さん)

●福子の母:今井鈴(松坂慶子さん)

●咲の婚約者:婚約者の小野塚真一(大谷亮平さん)

●克子の夫:香田忠彦(要潤さん)

●萬平のライバル?:世良勝夫(桐谷健太さん)

※物語の登場人物による会話のところは大阪ことばを再現しているところがあります。(カッコ)の中に別途、わかりやすく記述しておりますのでご参考になさってくださいね。

 

ストーリー

 

大蔵省地方専売局。

 

「おめでとうございます」と言われ、書類を受け取る福子

 

ついに役所の認可をおりたのだ!!!

 

海岸で塩づくりの作業をしているところへ走って戻る福子。

 

大きな声で萬平認可取得の報告をする福子。

 

海岸で喜ぶ作業員たち。

 

これから萬平たちは塩を売ることが出来るのだ。

 

製造元「たちばな塩業」として。

 

 

小さな一歩を歩み続け、ついに塩が売れるようになりました!!!

見ている私も感無量!!

大変な準備をしてきた甲斐があったねー!!

作業員さんたちもよくがんばったー!!!

゜*。(*´Д`)。*°

 

 

 

作業員たちも少しずつ塩づくりの作業に慣れてきたのか、各現場は作業員たちのグループで切り盛りしているようだ。

 

作業員たちは自分の担当の仕事を懸命にこなしている。

 

塩の袋詰め作業をしている作業員がふと塩の色を気に掛けたが、他の作業員に促され袋詰めをしていた。

 

 

そこへ、1台のジープが乗り付けてきた。

 

運転しているのは・・

 

世良だ。

 

 

福ちゃんたちが平和に落ち着いているときにこの人が登場するとロクなことがない・・・。

金の匂いを嗅ぎつけてきたのかな?

まあこの人の紹介でここの倉庫を紹介してもらったのだけど・・・

困ったことにならなければいいな。

(-“”-;)

 

 

世良の訪問に萬平や福子は快く受け入れるが、単なるお祝いの訪問だけではないらしい。

 

世良は図々しく作業場などを細かくみてまわる。

 

完成した塩の在庫量を聞き出した世良は自分の車で塩を役所に代行納品してくると買って出た。

 

役所の経理から買い取り代金として受け取ったのは3千円

 

その金額に驚く世良。

 

 

実は3千円は萬平の仮勘定の金額と一致していた。

 

その金額を聞いた福子と鈴はご機嫌

 

食後のデザートまでサービスしている。

 

 

こへ世良が戻ってきた。

 

買い取り代金を渡され勘定する萬平。

 

その金額、

1千5百円

 

思わず家を飛び出していく萬平、そして追いかける福子。

 

そのあとを数人の作業員たちも追った。

 

 

ゲゲゲ!!!

Σ(ОД○*)

金額違うやーーーんん!!!!!

 

世良ぁぁあああ!!!抜いたな!?

(#`皿´) 

 

 

世良は茶色い塩が混じっていたから評価が下がったんだろうと推測した。

 

鈴は世良を疑うが「親友が初めて作った塩の代金に手を付けるわけがない!!一番悔しいのは僕のほうだ」と言ってのけた。

 

 

よくもまぁしゃーしゃーと!!!

ヽ(`Д´)ノ

 

世良の嘘がいつかバレますように!!

 

萬平さんや福ちゃん、作業員さん達が報われないよぉ!!!

(PД`q。)

 

 

萬平は倉庫で自分の造った塩を確認している。

 

それを慰める福子。

 

すると追いかけてきた作業員たちが萬平に謝罪した。

 

「社長、実は・・茶色い塩があったんです」

 

 

萬平はショックのあまり声を荒げた

 

塩を握りしめたまま振り上げた拳

 

 

泣きながら詫びを繰り返す作業員たち。

 

もう萬平はそれ以上、怒ることは無かった

 

 

 

「悪いなぁ、ボクも金に困ってるんや」

 

そう言いながら、ジープに乗り込み去っていく世良

 

 

 

世良、ムカつく。

ヽ(*`Д´)ノ

 

 

入金が少ないと言うことは作業員たちに支払われる給与の額も減る

 

給与袋を受け取る作業員たちの表情は暗い

 

福子も前向きに作業員たちに声をかけるがもちろん反応する者はいない

 

 

作業員の一人、が週末に街へ遊びに行って発散したいと萬平に申し出た。

 

萬平は許可するしかない。

 

も萬平にチクリと嫌味を言いながら去っていく。

 

 

「絶対に良い塩を作ってやる」

萬平は静かにそして力強くつぶやくのだった。

 

 

萬平さんの新たな決意とは裏腹に事件が起こってしまう。

 

 

街へストレス発散のために出た数人の作業員たち。

 

その一人、岡は酒を飲んで酔っている。

 

仕事の愚痴も飛び出すほどだ。

 

そんな中、隣の席の酔っ払いが店の手伝いの女性に絡んだ。

 

ストレスが溜まり、機嫌の悪い岡はその様子に自ら踏み込んでいきケンカになってしまう。

 

店は乱闘の場になってしまった・・・。

 

 

第37話 おわり

 

 

かんかんの第37話感想

 

とりあえず、今回は「世良、ムカつく」の巻でしたねー!!

お金を半分抜いちゃうなんて!!

今の不動産の情報を紹介したのは世良さんだったけど、萬平さんたちがせっかく苦労して立ち上げた事業がおいしくなってきたらふらりと現れて!!

昔話の「猿蟹合戦」のサルを思い出してしまった。

世良の行為がバレますように!!

ホント祈る気持ちです。

作業員のケンカも気になるところで明日は福子たちがその対応に追われるのかな?

人が集まれば問題も起きますね。

萬平さん、福ちゃんガンバレー!!

次回、#38もどうぞお楽しみに!!!

 

【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第36話(11/10放送)を徹底解説!に戻って読む

【まだ間に合うよ】NHK朝ドラ「まんぷく」第38話(11/13放送)を徹底解説!を読む

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ・ネタバレ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私<港区会デビュー編>#001

【あらすじ・ネタバレ】RISKY~復讐は罪の味~#1「鼻持ちならない女」