見えない亀裂?!周囲の温度差に気付かない萬平【NHK朝ドラ「まんぷく」】第49話(11/26放送)を徹底解説!

見えない亀裂?!周囲の温度差に気付かない萬平【NHK朝ドラ「まんぷく」】第49話(11/26放送)を徹底解説!

2018年後期のNHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」がスタートしました!!

そこで「ひみつの談話室」でも毎回、ストーリーをご紹介いたします!

 

見逃してしまった方も大丈夫!今からでもまだまだ間に合いますよ!!

一緒に朝ドラ、楽しみましょう!!!

 

第9週「違うわ、萬平さん」(第49話)

 

おもな登場人物

 

●ヒロイン:今井福子(安藤サクラさん)

●ヒロインの未来の夫:立花萬平(長谷川博己さん)

●ヒロインの姉妹(長女):今井咲(内田有紀さん)

●ヒロインの姉妹(次女):香田克子(松下奈緒さん)

●福子の母:今井鈴(松坂慶子さん)

●咲の婚約者:婚約者の小野塚真一(大谷亮平さん)

●克子の夫:香田忠彦(要潤さん)

●萬平のライバル?:世良勝夫(桐谷健太さん)

※物語の登場人物による会話のところは大阪ことばを再現しているところがあります。(カッコ)の中に別途、わかりやすく記述しておりますのでご参考になさってくださいね。

 

 

ストーリー

 

塩づくりが軌道に乗り始め、福子妊娠、無事に第一子を出産した。

 

産後の肥立が悪く、体調が低迷した福子も萬平や家族たちの献身的なサポートで体力を取り戻した。

 

戦後の食材が少ない状況で多くの人たちが栄養失調で苦しんでいる。

 

そして自分の妻も・・

 

萬平は手軽に栄養を摂取できる食品を作りたいと新しい事業を立ち上げるのだった。

 

 

 

福子の体調不良もあり、春休みのため手伝いに常駐していたタカが実家に帰り、萬平の新しい事業の話を母の克子と話している。

 

栄養食品の名前は「ダネイホン」

 

 

 

え・・・?!

ダ?ダネ?

かなりイマイチな名前・・・

(_Д_)アウアウアー

 

 

 

縁側で爪を切りながらタカの話を聞いていた父の忠彦

「(その名前)ちょーっと無理があるなぁ・・」と独り言。

 

それにしてもタカの話には神部の名前がよく出てくる。

 

忠彦にはそれが気に入らない様子・・・

 

 

父親あるあるですな。www

(○´艸`)

 

 

 

萬平の研究は日々、模索されていてガマガエルの案はやはりボツとなった。

 

次に出たのが「牛の骨」

 

牛肉や豚肉から抽出するのがベストなのだが、高価すぎてコストがかかるためボツ。

 

そこで牛の骨が代替案として出てきたのだ。

 

 

なにか新しい案が出るたびに研究室の中から歓声が出たり、笑いが起こる。

 

 

 

そんな研究室の様子とは裏腹に・・・。

 

 

 

萬平たちが研究に時間を費やしている傍らで塩づくりは続いているのだ。

 

研究開発チームに4人の作業員たちが選ばれたことで、塩づくりチームの負担も増えているのだろう。

 

炎天下の中、作業を続ける塩づくりのメンバー。

 

 

釜の火を焚きながら汗を滝のようにかきながら舌打ちするものもいる。

 

 

気付かぬうちに2つのチームに温度差が出来始めている・・。

 

楽しそうな声が聞こえる研究室を横目に作業員たちから愚痴が出始めたのだ。

w(゜o゜)w

 

 

 

「社長はあっち(研究)ばっかりですな」

 

「うちは塩屋やないんか」

 

 

萬平さん、研究しだすと他が見えなくなるようだけど、早いうちに気付かないと大変なことになりますよ~

 

 

萬平は夜遅くまで研究室から出てこない

 

生まれた息子「源」の顔も見に来ない

 

 

鈴がまたボヤく。

 

 

福子は萬平のフォローを入れながらも、少し疲れた顔をしている。

 

 

 

福ちゃんも頭では萬平さんのことを理解していて、応援したいけれど、心はそうではない様子。

 

子供がいないうちは全力で萬平の応援が出来たのに、子供が出来るとまた変わりますからね~

 

育児あるあるデス。

m(≧o≦)m

 

 

近江谷のアイディアで牛骨を使い実験することなった萬平たち。

 

 

牛骨は馴染みのラーメン屋・清香軒から譲ってもらうことになった(これは福ちゃんの案♪)

 

 

そのころ、炎天下の海辺で塩づくりをする作業員たち。

 

 

「社長、全然こっち来ーへんなー」

 

「塩づくりに興味なくなったんとちゃうか」

 

 

なんか・・・イヤな雰囲気。

(>ε<)ノ

 

 

 

鈴は鈴で電話にむかって愚痴をぶちまけている。

 

電話の相手は克子。

 

もともと萬平のやることに前向きでない鈴は今回もご立腹

 

 

 

まーこっちは平常運転ですな・・・

(-m-)ぷぷっ

 

 

 

忠彦は相変わらずアトリエで画を描いている。

 

 

が。

 

 

いつもの穏やかな雰囲気ではなく、何やら殺伐としている様子

 

 

そこへタカが学校から帰宅してきた。

 

 

タカを呼び止める忠彦。

 

 

忠彦、単刀直入に神部のことを質問する。

 

 

お父さん!!

気持ちは分かりますが、そんな雰囲気で聞かれたって娘は構えるだけですよー。

 

ということで案の定、親子喧嘩。

娘に冷たくされて傷心の忠彦さんでありました・・・。

(_ _|||)

 

 

 

友人のハナが福子を訪ねてきた。

 

さすが長い付き合い。

 

福子の微妙な心のうちを感じ取った。

 

 

「萬平さんはもっと育児に関わってくれると思っていた」と福子は告白した。

 

 

 

この時代なので、男性は今のようなイクメンではなかったはず。

育児は女性に任せっきりでも許されていたと思われます。

 

そんな背景を考慮しても福子は萬平さんに多少の期待はあったのでしょうねぇ・・・。

やはり頭と心がちぐはぐで福子は悩んでいるようです。

(o-´ω`-)ウムウム

 

 

夜遅く、食事に戻ってこない萬平のところへ福子と源が様子を見にやって来た。

 

何度声をかけても返事がなく、研究室のドアを開ける福子。

 

萬平は在室しており、何やら熱心に作業をしている。

 

再び福子が声をかけると、萬平は初めて気づき、驚かせるなと言われてしまう。

 

研究に夢中で腹も減っていないという。

 

 

 

福子の顔が不満そうに見える。

 

 

萬平はそんな福子に気付くこともなく、息子を抱くと一生懸命、自分の夢や仕事の話を聞かせるのだった。

 

 

 

福子の顔に疲労の色が・・・。

 

 

第49話 おわり

 

 

かんかんの第49話感想

 

今日は年ごろの娘を持つ父親のあるあると子供が生まれた母親あるある。がありましたねー。

しかし、忠彦さんは単刀直入すぎて・・もう少し他の聞き方があったでしょうに。

神部さんだけでなくタカちゃん自身も神部さんのことを意識してるみたいだし。

恋する娘と父親はなかなかうまくいかないものです・・・。

ただ深刻なのは、たちばな塩業。

新しい事業に夢中になるのは萬平さんの性分であり、失敗できない社長としての立場もあると思いますが

塩づくりチームが全く見えていないのが心配。

息抜きに海辺に立ち寄るだけでも随分と違うと思うのですが、萬平さんは気づいていないのでしょうね。

見えない亀裂が深くなる前に対策を講じなければ・・・

 

それでは次回、#50もどうぞお楽しみに!!!

 

福子復活!萬平始動!カエルが破裂?!【NHK朝ドラ「まんぷく」】第48話(11/24放送)を徹底解説!に戻って読む

暴君?!萬平、裸の王様【NHK朝ドラ「まんぷく」】第50話(11/27放送)を徹底解説!を読む

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ・ネタバレ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私<港区会デビュー編>#001

【あらすじ・ネタバレ】RISKY~復讐は罪の味~#1「鼻持ちならない女」