世良も連行!!萬平たちが戻るまで絶対に会社を守る!!【NHK朝ドラ「まんぷく」】第56話(12/4放送)を徹底解説!

世良も連行!!萬平たちが戻るまで絶対に会社を守る!!【NHK朝ドラ「まんぷく」】第56話(12/4放送)を徹底解説!

2018年後期のNHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」がスタートしました!!

そこで「ひみつの談話室」でも毎回、ストーリーをご紹介いたします!

 

見逃してしまった方も大丈夫!今からでもまだまだ間に合いますよ!!

一緒に朝ドラ、楽しみましょう!!!

 

第10週「私は武士の娘の娘!」(第56話)

 

おもな登場人物

 

●ヒロイン:今井福子(安藤サクラさん)

●ヒロインの未来の夫:立花萬平(長谷川博己さん)

●ヒロインの姉妹(長女):今井咲(内田有紀さん)

●ヒロインの姉妹(次女):香田克子(松下奈緒さん)

●福子の母:今井鈴(松坂慶子さん)

●咲の婚約者:婚約者の小野塚真一(大谷亮平さん)

●克子の夫:香田忠彦(要潤さん)

●萬平のライバル?:世良勝夫(桐谷健太さん)

※物語の登場人物による会話のところは大阪ことばを再現しているところがあります。(カッコ)の中に別途、わかりやすく記述しておりますのでご参考になさってくださいね。

 

 

ストーリー

 

萬平のところから手りゅう弾がみつかった。

 

進駐軍に連行されるたちばな塩業の男性たち。

 

残された福子たちは・・・。

 

 

とりあえず、克子に助けを求めた福子。

 

夜には萬平たちの住まいに克子と夫の忠彦が到着し、福子たちに詳しい事情を聴いている。

 

しかし、この家が元々、陸軍の施設だったということ以外、誰にも事情なんて分からない

 

 

本当に何がどうなったのか・・・

福子たちも混乱するよねー。

でも鈴と二人でいるよりは克子と忠彦の存在は心強いーーー!!!!

(PД`q。)

 

 

 

あまりにも少なすぎる情報忠彦がつないでいく。

 

陸軍だった施設ということは武器が残っていても不思議ではない事。

 

進駐軍が今、徹底して武器の回収を行っていること。

 

そしてそれにはマッカーサー襲撃の事件が影響していること・・・。

 

 

 

こういうとき、男性はやはり頼りになるねー。

 

福子も克子もしっかりしてるけど、やっぱりオロオロしたり、感情が先走ったりしてなかなか現実がつかめないし・・。

(>ω<、)

 

 

 

みんな、じっと忠彦の話を聞いている。

 

もしも、萬平たちの容疑を晴らせなかったら・・・。

 

不安が渦巻く。

 

萬平たちのことも気になるが、真一には申し訳ない気持ちでいっぱいの福子。

 

自分たちが声をかけたがばっかりに巻き添えにしてしまったのだ。

 

 

 

そーだわ!!真一さん!!

スーツで初出勤の日に・・・

可哀想すぎるー!!!

(;〒□〒)

 

 

 

しかし、悩んでいるヒマはない。

 

今、自分たちに出来ることを考え、体を動かさなければ・・・。

 

唯一、萬平が残した伝言、「商品の納品」に集中することにする。

 

 

でも人手が・・足りなさすぎる!!

塩づくりもするのー!?

( ̄口 ̄∥)

 

 

 

萬平は進駐軍からあの建物のことについて取り調べを受けていた。

 

萬平たちが住まい兼、作業場として使用している場所は元陸軍の施設だった。

 

あの物件を紹介してくれたのは世良だ。

 

 

 

萬平は世良にも迷惑がかかるのを避け、口をつぐむが進駐軍は独自のラインで調査を進めていた。

 

雑居房では真一や神部ら作業員たちが眠ることも出来ず、萬平が戻るのを待っている。

 

魚獲り組の3人は反省し、みんなに詫びる不安と混乱の中、作業員たちはどうしようもない気持ち誰かに向けなければ治まらない。

 

萬平のやり方を責める者も出てくる。

 

イラつきが止まらずどんどん言葉をかぶせてはみんなの不安をあおり、言い争いになってしまう。

 

 

 

すると監視役のチャーリー・タナカが制止に入るが、作業員たちはチャーリーにも食ってかっかる。

 

 

 

見た目は日本人のようなチャーリーは日系二世だと言い、日本を恨んでいる様子。

 

しかし、その表情は悔しそうで複雑そう・・・。

(。-`ω´-)ンー

 

 

 

次の朝、福子は取引先にダネイホンの納品についてお詫びの電話を入れている。

 

電話がひっきりなしに鳴り、源への授乳もままならない。

 

倉庫では忠彦が塩の袋詰めを、ダネイホンの研究室では鈴と克子がダネイホンづくりをしている。

 

 

た、忠彦さん・・・

普段はアトリエで静かに座って仕事をしているのに大丈夫???

 

鈴もヨロヨロだけど・・・

(* ̄m ̄)ぷっ

 

 

 

「萬平たちが帰ってくるまで会社を守る!!」

 

ただそれだけのために。

 

 

すると新聞記者がやって来てインタビューを始めた。

 

 

 

福子たちは追い返すが、果たして何を書かれるのか・・。

( ̄ヘ ̄)ウーン

 

 

 

 

大阪の事務所では世良が新聞を読んでいた。

 

ある記事に目を止めて、仰天する世良

 

それは萬平たちの逮捕に関する記事だった。

 

そのころ、大阪商工会の三田村会長も記事に目を通していた。

 

 

世良が福子へ怒鳴りながら電話をかけてくる。

 

福子が事情を説明していると、世良の事務所に突然、踏み込んできた進駐軍

 

茫然とする世良と事務員。

 

福子が持つ受話器の向こうでは非常事態が起こっている様子。

 

 

世良は進駐軍によって連行されていく。

 

 

電話の向こうの福子に助けを求めながら・・・。

 

 

 

第56話 おわり

 

 

かんかんの第56話感想

 

これはちょっとやそっとじゃ帰れそうにありませんね・・・

ここで注目したいのはチャーリー・タナカ。

なぜか日本を恨んでいるようですが、何か理由がありそう。

最後は彼も萬平さんたちの味方になってくれるといいのですが・・・。

世良さんも連行されてしまって、これからどうなっていくんでしょうねー。

 

それでは次回、#57もどうぞお楽しみに!!!

 

萬平らが進駐軍に拘束される!!残された福子は・・【NHK朝ドラ「まんぷく」】第55話(12/3放送)を徹底解説!に戻って読む

魚獲りの検証実験は失敗!!どうなる?たちばな塩業!【NHK朝ドラ「まんぷく」】第57話(12/5放送)を徹底解説!を読む

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ・ネタバレ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私<港区会デビュー編>#001

【あらすじ・ネタバレ】RISKY~復讐は罪の味~#1「鼻持ちならない女」