福子と鈴が証言に!進駐軍と直接対決の時!!【NHK朝ドラ「まんぷく」】第59話(12/7放送)を徹底解説!

福子と鈴が証言に!進駐軍と直接対決の時!!【NHK朝ドラ「まんぷく」】第59話(12/7放送)を徹底解説!

2018年後期のNHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」がスタートしました!!

そこで「ひみつの談話室」でも毎回、ストーリーをご紹介いたします!

 

見逃してしまった方も大丈夫!今からでもまだまだ間に合いますよ!!

一緒に朝ドラ、楽しみましょう!!!

 

第10週「私は武士の娘の娘!」(第59話)

 

おもな登場人物

 

●ヒロイン:今井福子(安藤サクラさん)

●ヒロインの未来の夫:立花萬平(長谷川博己さん)

●ヒロインの姉妹(長女):今井咲(内田有紀さん)

●ヒロインの姉妹(次女):香田克子(松下奈緒さん)

●福子の母:今井鈴(松坂慶子さん)

●咲の婚約者:婚約者の小野塚真一(大谷亮平さん)

●克子の夫:香田忠彦(要潤さん)

●萬平のライバル?:世良勝夫(桐谷健太さん)

※物語の登場人物による会話のところは大阪ことばを再現しているところがあります。(カッコ)の中に別途、わかりやすく記述しておりますのでご参考になさってくださいね。

 

 

ストーリー

 

克子忠彦自宅へ戻ってきた。

 

留守番していた子供たちは久しぶりに両親に会えて大喜びだ。

 

塩づくりもダネイホンも作れなくなって、福子たちを手伝うものが無くなってしまったため帰宅したのだと子供たちに話しをしている。

 

子供たちは純粋に萬平たちを心配する中、タカ神部のことばかり思いやっている。

 

 

父の忠彦はタカに神部への気持ちを聞くのだった。

 

 

タカも素直に神部への気持ちを答える。

 

 

すると突然!!

 

忠彦が「神部くんが無事に帰ってきたら、結婚してもええ!!」と言い出した。

 

 


茫然とする一同。

 

 

 

庭の小鳥だけがマイペースにさえずっている。

 

 

あまりに吹っ飛んだ発言に克子も驚きを隠せない

 

 

忠彦は「但し、結婚はタカが学校を卒業してからだ」と念を押すが、タカはもう大喜び

 

 

 

え・・・何を突然。

神部さんの気持ちとかは・・・

(゚ー゚;Aアセアセ

まぁ・・・いっか。

 

 

一方、雑居房では神部がタカのことを思いやっていた。

 

タカのことを想うのは親衛隊3人組も同じ

 

同じ雑居房に身を置く立場になり、ケンカもなくなったが、親衛隊は神部を羨ましがっている。

 

その様子を見ていた萬平は初めてタカに想いを寄せる男たちのことに気付く。

 

 

萬平さん・・・遅っ!!!

Σ(o>艸<)

 

 

真一も会話に加わり、タカを思う若者たちは懸命に話をする。

 

 

タカに興味のない作業員たちには退屈な話だろう・・・

┐(´-`)┌

 

 

その傍らで、世良監視役のチャーリー・タナカに話しかける。

 

 

チャーリーが日本を嫌う理由・・・

 

戦時中、日系人は米国の地で肩身の狭い思いをしたのかもしれない。

(PД`q。)

 

 

しかし、チャーリーは世良の話を聞くこともなく突っぱねる。

 

 

あやうく二人は喧嘩になりそうだったが、そこへ神部の呼び出しがかかるのだった。

 

 

神部の取り調べでは、萬平たちの証言をすることで君を助けてやろうという悪の囁きが・・・。

 

しかし、神部は見事にこの誘いを一蹴し、そして萬平や福子への忠誠心を訴えるのだった。

 

 

取調室のウラでは曹長がその様子をじっとみていた。

 

 

たちばな塩業では電話を受けている福子。

 

 

恐らく進駐軍からで福子と鈴の話を聞くため、出頭要請がきたのだろう。

 

 

一気に緊張感が高まる福子たち。

 

 

大事な我が子・源をラーメン屋に預け、二人は証言に向かっていた。

 

鈴も一生懸命、訴えるが鈴の言葉が丁寧で回りくどく、進駐軍の担当軍曹も大変そう・・・

 

続いて、福子の番。

 

神妙な面持ちで曹長と向かい合う福子。

 

英語を交えながら萬平のことを一生懸命に伝える福子。

 

萬平や作業員たちはもちろん、証言に来てくれた牧医師や加地谷さん、そして鈴と福子。

 

萬平らのことについて誰からも矛盾な点は出てこない。

 

 

例え、どんなに上手く口裏を合わせたとしても無理だろう。

 

曹長には十分、伝わっているんじゃないのかな。

(。-`ω´-)ンー

 

 

最後に福子は萬平たちに会わせて欲しいと頼むが、それは叶わなかった。


そこで書いてきた手紙を渡してほしいと差し出す。

 

曹長は検閲を通れば渡そうと約束してくれた。

 

福子は藁にも縋る思いで頭を下げる

 

手紙には雑居房にいるみんなのことを気遣う内容が書かれていた。

 

 

果たして福子の手紙は、福子の訴えは届くのだろうか・・・?

 

 

第59話 おわり

 

 

かんかんの第59話感想

 

タカを巡り神部や親衛隊3人組が小競り合いを繰り広げる中、ようやくみんなの気持ちに気付いた萬平さん・・・

ちょっと遅すぎるような気もしますが・・・これが萬平さんですね。

しかし、今日一番驚いたのは忠彦さんでした。

あれだけタカのことを心配していたのに・・・。

でも自身が戦争に駆り出されたり、現在は神部が拘束されていたりと愛する者と離れ離れになる悲しみを思えば、許せたのでしょうか。

また愛する者と言えば、進駐軍の曹長が机の上に飾っている写真の女性は曹長の妻ではなかったのでしょうか。

福子と同じように妊娠で栄養失調から病気になったか、命を落としたか・・・。

そうでなければ、萬平のダネイホンの話を掘り下げて聞く必要もないし、福子の話に耳を傾ける必要もないでしょう。

チャーリー・タナカの日本嫌いは分かりませんが・・・。

とにかく、曹長にはそんな背景があるように思います。

さてさて福子の訴えは聞き入れられるのか?明日、しっかり見届けたいと思います!!

 

それでは次回、#60もどうぞお楽しみに!!!

 

牧善之介が!加地谷が!萬平釈放のために再登場!!【NHK朝ドラ「まんぷく」】第58話(12/6放送)を徹底解説!に戻って読む

 

進駐軍からの釈放。萬平さん!皆さん!!おかえりなさい!!【NHK朝ドラ「まんぷく」】第60話(12/8放送)を徹底解説!を読む

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ・ネタバレ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私<港区会デビュー編>#001

【あらすじ・ネタバレ】RISKY~復讐は罪の味~#1「鼻持ちならない女」