ダネイホンの改良品が完成!東京進出も決まり・・・【NHK朝ドラ「まんぷく」】第62話(12/11放送)を徹底解説!

ダネイホンの改良品が完成!東京進出も決まり・・・【NHK朝ドラ「まんぷく」】第62話(12/11放送)を徹底解説!

2018年後期のNHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」がスタートしました!!

そこで「ひみつの談話室」でも毎回、ストーリーをご紹介いたします!

 

  見逃してしまった方も大丈夫!今からでもまだまだ間に合いますよ!!

一緒に朝ドラ、楽しみましょう!!!  

 

 

第11週「まんぺい印のダネイホン!」(第62話)

 

 

おもな登場人物

 

●ヒロイン:今井福子(安藤サクラさん)

●ヒロインの未来の夫:立花萬平(長谷川博己さん)

●ヒロインの姉妹(長女):今井咲(内田有紀さん)

●ヒロインの姉妹(次女):香田克子(松下奈緒さん)

●福子の母:今井鈴(松坂慶子さん)

●咲の婚約者:婚約者の小野塚真一(大谷亮平さん)

●克子の夫:香田忠彦(要潤さん)

●萬平のライバル?:世良勝夫(桐谷健太さん)

※物語の登場人物による会話のところは大阪ことばを再現しているところがあります。(カッコ)の中に別途、わかりやすく記述しておりますのでご参考になさってくださいね。

 

 

ストーリー

 

 

「塩づくりを撤退する。」

 

 

萬平からそんな言葉が作業員たちに伝えられた。  

 

早速、海岸に並んだ鉄板を撤去にかかる作業員たち。

鉄板を片付けながらそれぞれに思い出を話す一同

 

手探りで塩を作り始めたときも、暑い夏も、頑張ってきた。

とにかくがむしゃら

そんな毎日だった。  

 

萬平たちはもう前に進む計画を考えていた。 そこには世良も参加している。

 

世良は持論を萬平、真一福子、そしてを相手に展開させる。

 

 

ダネイホンを全国で販売させる。

 

 

そのターゲットが病院の入院患者だけでなく、日本中の自宅で療養している者、栄養失調の人間たちにも浸透させるというものだった。

 

しかし、ダネイホンを売り出した当初、一般向けには受け入れられず敗北を期した過去がある。

 

 

「それなら味を変えろ」という世良。  

 

 

一方、会社の研究室では作業員たちが必死にダネイホン製造に勤しんでいたが、味・配合が変わる可能性があると急遽、ストップが入る。

 

 

しかし、新しい味に悩む萬平。

 

 

福子もアイディアを出すが、原価が高いもの価格が上がると却下される。

 

は相変わらず萬平の方針には文句たらたら。

事の準備をしながらも愚痴をこぼしている。

 

ところが夕食の味付けを選んでいる鈴の言葉をヒントに福子はあるアイディアを思いつく。  

 

 

 

昆布。  

 

 

 

なんと!!

昆布の栄養素を調べてみるとこれまでなたね油やわかめ、牛骨からとっていた栄養分が全て昆布に含まれていたのだ。

w(゜o゜)w

 

 

福子のアイディアでダネイホンの中身昆布にスライドされることになった。

 

 

早速、試作に取り掛かる萬平。  

 

 

週末、タカが手伝いに来るのを出迎える神部は

今日は新しいダネイホンの試食会やで」と伝え、タカを案内していく。

 

 

  物陰から見つめるタカ親衛隊3人組・・・。  

 

 

どうやら諦めムードが・・・

もう勝ち目はないといったところか・・・。

o(TヘT)o

 

 

萬平の家族、作業員ら全員による新しいダネイホンの試食はなかなかの反応だった。

 

味はひとまず確定となった。  

 

 

試食会に同席していた世良は次に「東京進出案」を提示するのだった。

 

 

萬平も福子も驚きの表情

 

元証券会社勤務だった真一は納得している様子。

 

そして・・・鈴はまたまた大反対

 

東京の人間は冷たいという評判を盾に首を縦に振らないのだ。  

 

 

夜、萬平と福子は床に就きながらこれからのことについて話をしていた。

 

萬平は世良の東京進出案を前向きに考えていた。

 

周囲は世良のことを胡散臭いと感じているものの、当の萬平は世良のことをなぜか信じている

 

 

これまでいろいろなことがあったにも関わらず、なぜか萬平は世良を嫌いになれないというのだ。

(*´ー`)

 

 

福子はそんな萬平の考えに全てを委ねるというのだった。  

 

 

これで東京進出は決まった。

あとは鈴さんの説得だけ・・・

(;´▽`A“

 

 

ところがその夜、東京進出案を反対した鈴の元に亡き姉・咲がまた現れてくれた。

 

なんとも不思議なことに夢に出てきた咲は鈴に東京進出を認めるよう促してくれる。  

 

翌朝、鈴は福子に東京に子会社設立を認めると伝えた。  

 

 

これで話は一気に動き始める。

さあ!!いよいよ事業拡大ですよ~!!!!

o(*^▽^*)o

 

 

 第62話 おわり    

 

かんかんの第62話感想

 

咲姉ちゃん、すごいー!!!

いつも鈴さんのフォローをありがとうございます!!!

たちばな栄養食品の従業員たちの中に真一さん一人のスーツ姿はちょっと浮いてる感じがしますが、世良さんと二人ならぶとビジネスマン・会社っぽくて、良い感じですねー。

全然本筋と関係ないですけど・・・

あと萬平と福子が寝間で話をするシーン、なぜか息子の源ちゃんがえらい下の方に寝かされてるなーと思ったら、福子に感謝した萬平が福子の手を握りしめるために源ちゃんの位置が下げられたんですねー!!

源ちゃんのぷっくりホッペとふわふわ髪は可愛すぎです!!    

それでは次回、#63もどうぞお楽しみに!!!

 

萬平、塩事業を撤退!社名は「たちばな栄養食品」に!【NHK朝ドラ「まんぷく」】第61話(12/10放送)を徹底解説!に戻って読む

萬平印のダネイホン始動!神部が東京へ!タカとの約束は?【NHK朝ドラ「まんぷく」】第63話(12/12放送)を徹底解説!を読む

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ・ネタバレ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私<港区会デビュー編>#001

【あらすじ・ネタバレ】RISKY~復讐は罪の味~#1「鼻持ちならない女」