超地味な吉野の残業の理由を知った超テキトー人間の瀬高がとった行動とは?【外面が良いにも程がある。】#02

超地味な吉野の残業の理由を知った超テキトー人間の瀬高がとった行動とは?【外面が良いにも程がある。】#02

今回、ご紹介する作品はコミック「外面が良いにも程がある。」です。

者は尾崎衣良さん

 

 

外面第一、超テキトー男・瀬高、25歳。

 

外面よく、適当に女性に優しく、なーんとなく生きてきたけど合コンで知り合った超地味な吉野安貴がだんだん気になる存在に!!

 

瀬高と吉野、二人はどうなっていくのでしょうか!!

 

それでは#2、ご紹介していきましょう。

 

 

外面が良いにも程がある。

 

 

#02:超地味な吉野の残業の理由を知った超テキトー人間の瀬高がとった行動とは?

 

 

合コンで席を立った吉野を追いかけた超テキトー人間の瀬高、翌日、瀬高の勢いでデートをすることになった二人。

 

 

やはり仕草がキレイな吉野、それを褒めた瀬高。

 

 

吉野は少し照れたように「あ、ありがとうございます」と返事をした。

 

 

瀬高からすれば他に褒めるところがないので苦し紛れに言っただけなのに・・・。

 

 

 

<そんな素直に受け取られるとスゲー罪悪感じゃん!!!>

 

 

 

瀬高は内心、吉野に突っ込みまくっていたが、

 

吉野は「私、誤解していました・・・瀬高さんてモテそうだし。私みたいなのはバカにしてるイヤな人かと思ってました」と話しだした。

 

 

うっ・・・

図星すぎる・・・

Σ(´゚ω゚` ) 

 

 

 

「でも昨日もわざわざ追いかけて謝ってくれたりして・・・良い人なんですね」と続けた。

 

 

瀬高は内心、

<この子、何言ってんだ?!>

 

<コロッと騙され過ぎでしょ。俺なんて超外面人間なのに>

 

 

 

超テキトー人間の瀬高はリップサービス人間でもあるのですね・・・

女の子が喜ぶ言葉を並べることは朝飯前。

それを本人も自覚してる。

でもこれまでの女性とは違う吉野に調子を狂わされているようですねー!!

ヾ(;´▽`A“アセアセ

 

 

 

食事を終えた二人。

 

 

食事代を気にする吉野に瀬高は「次回、缶コーヒーおごってよ」というと吉野は丁寧に御礼を述べた。

 

 

あまりにピュアな感じで、超テキトー人間の瀬高は逆に新鮮でトキメキが♡

 

 

 

こんな恋愛もアリ・・・かも。

 

って思ってしまったんですねー!!

超テキトー人間が変貌するのかー?!

(*゚▽゚*)ワクワク

 

 

瀬高はだんだん吉野が気になり始める。

 

 

別の日、瀬高はメールで吉野を食事に誘ってみるが、吉野から残業のためNGの返事

 

そんなやりとりが1回、2回、3回・・・

 

あまりに吉野から続くNGの返信に思わず吉野に電話をしてしまう瀬高。

 

 

 

めっちゃフラれてる・・・

(*′皿`艸)

 

 

 

しかし、残業で食事は無理だ電話も切られてしまう始末。

 

 

茫然とする瀬高は先日の合コンで女性陣の幹事をしていた元カノのマミと出くわした。

 

 

今日のマミは今彼にデートをドタキャンされてヒマらしく、瀬高を食事に誘った。

 

 

瀬高は吉野に誘いを断られ、なぜかズキズキと傷心中

 

 

 

瀬高さん、だんだんマジになってきてますよね!!

( ̄ー ̄)ニヤ

 

 

そしてふと疑問が・・・

 

 

吉野と同じ部署のマミ。

 

 

吉野は22時をまわるほど残業していて、どうしてはマミは定時あがりなのか?

 

 

疑問をマミに投げかけると、実は終わらなかった仕事は吉野にお願いしているというのだ!!

 

 

驚きと怒りで思わず、声が大きくなる瀬高。

 

 

残業を押し付けるのは今に始まったことではないらしく、マミと瀬高が付き合っていたころもそうだったというのだ。

 

 

ショックを受ける瀬高。

 

 

普段は超テキトー人間だったかもしれないけど、ちゃんとショック受けてるやん。

本当にテキトー人間ならヘラヘラ聞き流して終わりだよ。

(*´ー`)

テキトー人間を演じてるだけでホントは優しくて真面目なんかもね!!

 

 

 

瀬高は吉野のところに戻り、直接話をした。

 

 

吉野と知り合う前とはいえ、自分たちのせいで吉野が残業を続けていたのだと思うと居ても立っても居られなくなったのだ。

 

 

吉野を呼び出し、とにかく詫びる瀬高。

 

 

吉野の残業が終わるまで待っていると言い、瀬高は自分を責めていた。

 

 

瀬高は自分でも認める超テキトー人間だ。

 

 

 

そんな瀬高は

<これも実はパフォーマンスだ>と思っていた。

 

<罪悪感を少しでも消したいから、そんなポーズをしてるんだ>

 

 

しかし、

 

純粋な吉野にひどいことをしてきてしまった・・・

 

 

 

<恥ずかしい・・・>

 

 

 

それは紛れもなく、瀬高の本心だった。

 

 

 

瀬高さん、やっぱイイ人やん!!

全然、超テキトー人間なんかじゃないよ。

(-´∀`-)

 

 

 

#02 終わり

 

 

かんかんの「外面が良いにも程がある。#02」感想

 

瀬高さんは誰かと正面から向き合うのが苦手だったり、傷つくのが怖かったりして、超テキトー人間を演じてたんじゃないのかな?

テキトー人間をしていれば表面上は楽しく過ごせるし、女の子が喜ぶ言葉を言って笑ってれば、傷つくこともない。

でもそんなことばっかりやってるから、心の中では冷めた自分がいて、自分のことを軽蔑してたりもする。

そんなときに吉野と出会った。

最初は確かにバカにしてたけど、吉野にテキトーな言葉を使うこともなく瀬高に”素の自分”が出せてきたのかも。

マミから残業の理由を聞いてショックを受けた自分も、吉野に詫びた自分もポーズなんかじゃないよね!!

本当の恋愛、飾らない気持ち・・・

これから二人に恋愛は始まるのかな?

楽しみになってきましたー!!

#03もたっぷりご紹介してみたいと思います!!

どうぞお楽しみに☆

(*≧∀≦*)

 

超テキトー人間・瀬高と超ド地味女の出会い【外面が良いにも程がある。】#01に戻って読む

<最終話>テキトー人間・瀬高も絶句!!吉野の意外な素顔とは!?【外面が良いにも程がある。】#03を読む

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ】胡蝶伝説~復活嬢と地雷嬢~#1

【あらすじ】整形シンデレラ#1「ブスは人生終わっている(1)」

【あらすじ】RISKY~復讐は罪の味~#1「鼻持ちならない女」

【あらすじ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ】明日、君に好きって言う。#1

【あらすじ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1