神部との別れに美代子が涙!鈴は「道頓堀の母」のもとへ!【NHK朝ドラ「まんぷく」】第69話(12/19放送)を徹底解説!

神部との別れに美代子が涙!鈴は「道頓堀の母」のもとへ!【NHK朝ドラ「まんぷく」】第69話(12/19放送)を徹底解説!

2018年後期のNHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」がスタートしました!!

そこで「ひみつの談話室」でも毎回、ストーリーをご紹介いたします!  

 

見逃してしまった方も大丈夫!

今からでもまだまだ間に合いますよ!!  

 

一緒に朝ドラ、楽しみましょう!!!    

 

 

第12週「絶対何とかなるから」(第69話)

 

 

おもな登場人物

 

 

●ヒロイン:今井福子(安藤サクラさん)

●ヒロインの未来の夫:立花萬平(長谷川博己さん)

●ヒロインの姉妹(長女):今井咲(内田有紀さん)

●ヒロインの姉妹(次女):香田克子(松下奈緒さん)

●福子の母:今井鈴(松坂慶子さん)

●咲の婚約者:婚約者の小野塚真一(大谷亮平さん)

●克子の夫:香田忠彦(要潤さん)

●萬平のライバル?:世良勝夫(桐谷健太さん)  

 

※物語の登場人物による会話のところは大阪ことばを再現しているところがあります。(カッコ)の中に別途、わかりやすく記述しておりますのでご参考になさってくださいね。    

 

 

ストーリー

 

東京の営業所ダネイホンの販売権を合わせて売れば罰金である7万円が作れるかも。

 

弁護士のは懸命に萬平へ提案した。

 

それを萬平が了承し、事態は動き始めた・・。

 

東は2つの権利を高額で購入してくれる買い手を探し、交渉を続けるのだった。

 

 

2週間後

 

東と福子は再び、萬平と面会室にいた。

 

7万円全額が無事に支払われたらしい。

 

萬平は報告を聞きながら、やはり寂しそうだ。

 

せっかくダネイホンが世の中に認められ始め、真一さんや世良さんが頑張ってくれていた志半ばの断念なのだ。

 

東の話では販売権を購入した会社の希望で「萬平印のダネイホン」という名前はそのまま残るという。

他にも宣伝に作成された看板も残るという。

 

 

 

萬平が逮捕されても、実はみんな認識しているのだ。

(PД`q。)

 

萬平が悪者ではないこと、そしてダネイホンは素晴らしい商品だということ・・・。

 

 

 

穏やかな表情で東の話を聞く萬平。

 

しかし、この先、4年という実刑・・・。

 

もう半年もすれば出産が待っている。

 

息子の源も父の帰りを待っている。

 

 

福子は東に萬平の刑期の軽量について懇願せずにはいられなかった。

 

東自身もこの理不尽な判決に思うところがあるのか、本来なら判決の出た裁判は覆せないのが当然だが、「考えてみる」と答えるのだった。

 

 

東京の営業所から萬平の従業員たちが大阪に戻る準備をしている。

 

神部は世話になった定食屋の美代子ちゃん御礼と大阪に戻る挨拶をしていた。

 

美代子は神部との別れに涙を浮かべるが、自身の気持ちを伝えることなく「応援している」と告げた。

 

笑顔で別れる神部と美代子。

 

神部が立ち去った後、美代子は堪え切れず涙をこぼす。

 

 

事務所に戻った神部は東京チームのメンバーから総口撃

 

以前はタカの親衛隊だった3人も東京に来て、美代子の美しさにすっかり流れていた。

 

神部以外は満場一致で美代子勝利。

 

しかし、肝心の神部はやはり・・・タカ一筋だったのだ。

 

 

神部さん・・・一途~!!!!

Σ(- -ノ)ノ

 

おみそれしやしたぁ!!!

 

 

福子真一と出先から会社に戻りながら、話をしていた。

 

真一はもちろん従業員でもあり、そして義兄でもある

 

会社が出来るずっと前から知る者として、真一は福子の辛さをよく分かってくれていた。

 

どんなに心が辛くても明るく、元気に振舞ってしまう性分の福子は思わず涙を流す

 

 

萬平さんが捕らわれて、不在。

 

会社は東京撤退。

 

従業員たちを守る立場として相当辛いはず。

 

それでも周囲に感謝することを忘れない福子は偉いねえ~

(TдT) ウゥ…

 

 

 

「道頓堀の母」・・・聞こえてくるのは鈴の声

 

 

やっぱり来てしまったのねー・・・

 

大きな水晶玉に手をかざす占い師・・・。

( ●≧艸≦)

 

 

 

「立花萬平は・・・大器晩成」

 

 

よ、よかったじゃん。

w(°0°)w オォー

 

 

 

「まだまだ山あり谷あり」

 

 

 

まだあるんかーい!!!

Σ(|||▽||| )

 

 

 

福子たち一行が泉大津の家に戻ってきた。

 

福子たちを出迎える鈴、タカ、そして従業員たち。

 

 

東京撤退は本当に残念だったが、萬平が帰ってくるまで力を合わせて会社を守ろうと一致団結するのだった。

 

 

東京のお土産として「雷おこし」を持ち帰った東京チーム。

 

 

しかし、鈴は「またぁ?」と不服そう・・・・。

 

 

なぜなら・・

 

東京帰りの世良も持参していたからだ!!!

(;^_^A アセアセ・・・

 

 

骨折で大変なのに・・

と言う福子に鈴は「気力で治したらしいわよ」とあっさり。

 

 

 

やっぱり・・・

 

想定通りだった・・・

(´・ω・`)

 

 

タカと神部は早速のラブラブぶり

 

 

そこへ電話が・・・

 

 

もお・・・電話、トラウマになりそう。

 

絶対、良いことないやーん!!!

(/x_x)/

 

 

電話をとる福子。

 

 

「東京財務局です」

 

 

脱税で有罪判決を受けたその脱税分に追徴課税を課すという内容だった。

 

 

課税額は10万円。

 

 

7万円でも身を切る思いで捻出したのにー!!!

 

更に10万円なんて無理じゃね?

( ̄_ ̄|||) 

 

 

第69話 おわり        

 

かんかんの第69話感想

 

一難去ってまた一難。

せっかく東弁護士ががんばって7万円の罰金代を捻出してくれたのに、更に10万円なんて!!

大阪の会社がヤバイ?

なんでこうも次から次へのトラブルが起こるのか・・・。

ちなみに鈴さんは道頓堀の母の占いに納得したのかな?

そのあたり、もう少し詳しく見てみたい気も・・・(笑)

 

それでは次回、#70もどうぞお楽しみに!!!      

 

東京撤退とダネイホン販売権の売却!弁護士・東が提案したもの【NHK朝ドラ「まんぷく」】第68話(12/18放送)を徹底解説!に戻って読む

福子の号泣、悲しすぎる現実!!全てを失うことが最善の策なんて!!【NHK朝ドラ「まんぷく」】第70話(12/20放送)を徹底解説!を読む

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ・ネタバレ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ・ネタバレ】ゴミ屋敷とトイプードルと私<港区会デビュー編>#001

【あらすじ・ネタバレ】RISKY~復讐は罪の味~#1「鼻持ちならない女」