ユリがついに告白!!「私、桜夜さんの恋人になります!!」【恋と弾丸】#04

ユリがついに告白!!「私、桜夜さんの恋人になります!!」【恋と弾丸】#04

今回、ご紹介する作品はコミック「恋と弾丸」です。

者は箕野希望さんです!!

 

もしヤクザに心惹かれてしまったら・・・

 

あなたならどうしますか?

 

ユリ、20歳の大学生。

 

あるホームパーティーでドラッグを飲まされそうになったユリと友人。

危機一髪、桜夜組の若頭に救われる。

 

危険な相手だと認識しつつも、心が激しく惹かれるユリ。

このドキドキは何なの?

まだ自分の気持ちがハッキリ分からないけど、桜夜さんに会いたい。

 

それでは#4、ご紹介していきましょう。

 

 

恋と弾丸

 

 

#04

 

 

季節は梅雨に入っていた。

 

 

鬱陶しい季節になり兄が片頭痛でぶー垂れている。

 

 

「私も頭痛いー」ユリが兄に同調する。

 

 

実はユリは片頭痛も花粉症も無縁なのだが、桜夜に会えないテンションの低さを誤魔化すため兄の片頭痛に便乗していたのだ。

 

 

 

それともう一つ。

 

 

 

会えない寂しさと共に桜夜の恋人になる覚悟はないのに、会いたい、でも覚悟は無い・・・といったユリ自身の心のジレンマが更にテンションを下げている。

 

 

頭と心がちぐはぐ・・・。

きっと答えは出てるはずなのに、家族や友人を面倒に巻き込むことなるかも。といった考えが邪魔しているのかな?

動けなくなっている自分がイヤになりますよねー

(ノ_-;)ハア…

 

 

自宅のリビングで兄とぼんやりテレビを眺めていたニュースから聞こえてきたのはある銃撃の事件

 

 

 

<頭から血を流して倒れていたのは桜夜組幹部の男性とみられています>

 

 

 

ニュース解説とテレビの映像には地面に残された血痕

 

 

 

ユリの兄は自分とは無縁の世界のニュースに対して自分勝手な感想を言っているが、ユリは弾かれたように身支度を整え、家を飛び出した。

 

 

ユリちゃん答えでてるよー。

桜夜さんのことが好きだと言ってるよー。

ヾ(´ー`)ノ

 

 

意を決して桜夜の携帯に電話をかけるユリ。

 

 

 

ユリの心臓が早鐘のように打っている。

 

 

 

<大丈夫・・>

 

 

<桜夜さんじゃない!!大丈夫!!>

 

 

 

自分に言い聞かせ、携帯のコールを聞くユリ。

 

しかし、携帯のコールは留守電に切り替わってしまった。

 

 

 

恐怖と混乱で茫然とするユリ。

 

 

 

ユリは懸命に自分に言い聞かせ、このまま大学へ行こうとする。

 

 

 

でもユリの身体が動かない

 

 

 

なぜか目から溢れる涙

 

 

 

更に混乱し、何も出来なくなる自分に驚くユリ。

 

 

 

すると1台の車が急停車した。

 

 

お!!!

これは!!!

見覚えのある高級外車!!

w(゜o゜)w

 

 

 

ドアが開き、男の靴が・・・

 

 

 

これは!!

まさか!まさか!

Σ(o>艸<)

 

 

 

「今から迎えに行くところだったんだ・・」

 

 

「電話に出れなくてごめんね、ユリ」

 

 

 

男性の靴は桜夜のものだった。

 

 

 

桜夜さん!!

待ってたよー!!!

(≧◇≦)

 

 

 

突然、現れた桜夜に思わず抱き着くユリ。

 

 

 

<電話がつながらないだけで・・>

 

 

<何も出来なくなってしまった自分・・。>

 

 

<私は・・この人が好きなんだ!!!>

 

 

 

そしてユリは

 

 

 

「桜夜さん」

 

 

 

「私、桜夜さんの恋人になります」とついに告白する。

 

 

 

 

<私、無理矢理にでも覚悟したい>

 

 

 

 

迷っていた自分・・

恐ろしいニュースでパニックになった自分・・

迷い落ち込むなら一歩踏み出せばいい。

ユリちゃん、ついに覚悟を決めました!!

(*´艸`*)

 

 

 

 

「ユリ、俺は本来、支配欲求の強い人間だ。手に入れたら離さない・・」

 

 

 

「ユリ、このまま連れ去るね」

 

 

 

お、桜夜さん・・・

またそんな強引な!

これも彼の魅力の一つなのかな・・

(;´▽`A“

 

 

 

格式高そうな旅館の一室

 

 

桜夜からの激しい口づけに戸惑うユリ。

 

 

 

桜夜は

 

 

 

「襲撃にあったあの日、ユリを危険な目に遭わせてしまったのにまた会いに来てくれた・・」

 

 

 

「あんな度胸を見せられて本当はのどから手が出そうなくらい君が欲しかったんだよ」

 

 

 

「だけど逃げ道を奪いたくなくて衝動を必死に抑えていたんだ」

 

 

 

 

「でも」

 

 

 

 

<桜夜さんの恋人になります>

 

 

 

 

「もう驚喜が隠せない」

 

 

 

「早く・・・」

 

 

 

二人の・・・熱い時間が、訪れる。

 

 

 

うおー!!

ついに二人が・・・

(*>艸・)

 

 

<#04 おわり>

 

 

かんかんの「恋と弾丸#04」感想

 

ついにユリと桜夜は恋人に!!

なんだかんだと頭で考えるよりも桜夜への気持ちが勝ったのですね。

これからいろいろなことが起こるでしょうが、恋人になると決めたのなら応援していきましょう。

ユリの素直でかわいいところと、桜夜さんのユリにはとても優しいところがめっちゃいい。

いつまでも相手を大切に思える二人でありますように!!

#05をどうぞお楽しみに!!

(*´∇`*)

 

桜夜さんと一緒にいたい!!恋人になる覚悟はまだないけれど・・【恋と弾丸】#03に戻って読む

弾丸が埋め込まれたピアスは恋人の証【恋と弾丸】#05を読む

 

関連記事はこちら

 

【あらすじ】胡蝶伝説~復活嬢と地雷嬢~#1

【あらすじ】整形シンデレラ#1「ブスは人生終わっている(1)」

【あらすじ】RISKY~復讐は罪の味~#1「鼻持ちならない女」

【あらすじ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ】明日、君に好きって言う。#1

【あらすじ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1