港区会編が完結!サヤの転落人生クライマックス!!その先にあるものとは?【ゴミ屋敷とトイプードルと私<港区会デビュー編>】#008

港区会編が完結!サヤの転落人生クライマックス!!その先にあるものとは?【ゴミ屋敷とトイプードルと私<港区会デビュー編>】#008

今回、ご紹介する作品はコミック「ゴミ屋敷とトイプードルと私」です。

原作は池田ユキオさん。

 

主人公のサヤは欲を出したために婚約者を失い、目指したキャリアも間違った道に踏み込んでしまい転落人生を辿ることになる。

自分を陥れたのが同僚だったり、憧れのフォトスタグラマーが同じ会社の派遣社員だったりと驚愕の事実が次々と明らかになる。

 

でもまだ諦めきれないサヤがとった行動とは・・・

 

おまちかね!#008スタートです。

 

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私<港区会デビュー編>

 

港区会編が完結!サヤの転落人生クライマックス!!その先にあるものとは?

 

 

 

港区会のパーティーから締め出され憧れのmisakiが実はハケンの中山だったと知り、打ちのめされるサヤ

 

 

 

交流会出席のため、立ち去ろうとする中山にサヤは
「misakiさん!!」と呼び止める。

 

 

「はぁい。」
さっきまでの般若のような顔は消え去り、余裕の笑顔で振り向く中山。

 

 

しかし、サヤを相手にしているわけではない。

 

 

中山は

 

 

「そういえば、あの彼・・・」

 

「徳井さん。」

 

 

「どうして手放しちゃったの?彼、素敵なのに」

 

 

「もちろん、私のお相手ではないけれど・・」

 

「電報堂のアートディレクターなんて、みんながうらやむ恋人じゃない」

 

 

「結婚していれば勝ち組になれたのに。」

 

「残念ね。」

 

 

 

 

 

そうなのだ、徳井に何の文句があっただろう。

 

サヤが身の程をわきまえず欲を出したせいで見えなくなってしまったのだ。

 

トップブランドの指輪でなくても、世界に立った一つの指輪で良かったではないか。

(>ω<、)

 

 

 

「勝ち組・・勝ち組・・」

 

 

 

サヤちゃんの大好きなキーワードがヒットしました!!

 

しかも憧れのmisakiさんに言われたもんだから盛り上がっちゃいまーす!!

ヾ(≧∪≦*)ノ〃

 

 

 

自宅に帰宅した徳井。

 

 

ドアの鍵が開いている。

 

 

「!」

 

「おい!!誰かいるのか!?」

 

 

叫びながら室内に入ってみると・・・。

 

 

 

「おかえりなさい。あ・な・た♡」

 

 

 

 

 

 

きぇええええー!!!!!!!!

Σ( ̄□ ̄lll)

 

 

サヤー!!!!!

素っ裸にエプロンてーーー!!!!!

ι(◎д◎υ)ノ

ギャグ?

それギャグ?

ギャグなの?!

 

 

 

「ごはんにする、お風呂にする?それとも・・・」

 

 

サヤ!!

その続き、なにー!?

それって昭和のギャグよねーーーー!!!!

Σ(`0´*)ヌォ

 

 

 

「うわぁぁぁああああああ」

 

 

思わず腰を抜かす徳井。

 

 

そりゃそうだ。
徳井さん、ご愁傷様です。

(´;ω;`)

 

すっかりコメディタイム要員になっちゃったね・・・

 

 

 

一応、料理を作ったようなのだが、もともと料理など出来ないサヤだ。

 

肉じゃが、サバの味噌煮はぐちゃぐちゃで皿に山盛り。

コロッケは購入したらしいが、こちらも皿に山盛り。

 

もはや、食べ物ではない・・・

アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

 

 

 

「こういうの好きなんでしょ。おとこの人は。茶色くって地味なやつ・・」

 

 

「わかってるんだから。結婚したら毎日やってあげる。」

 

 

「さぁ、たーーんとお食べ♡」

と言いながらサヤはじゃがいもを徳井の口に入れる。

 

 

 

え?結婚???

誰の口が言ってるんや?

ヽ(`Д´)ノ

 

 

 

「やめろぉ!!!」

 

 

徳井のあごに手を当てて、じゃがいもを口に入れようとしていたサヤの手を振り払った。

 

 

「出てけ!!警察を呼ぶぞ。今すぐだ!!」

 

 

 

「は?なんで?あたしと結婚したいんでしょ。してあげるってば・・」

 

 

「あーごめんね?一度断っちゃったから怒ってる?意地になってるの?

 

 

「もー。ごめんって。こう君、大好きだよ?

 

 

 

「サヤ、狂気の沙汰」の巻・・・

(ノ∀`)σ

 

 

 

サヤは徳井の様子なんて目に入っておらず、新居やウエディングドレスの話に夢中。

 

 

すると徳井は一言。

 

 

「服着ろよ。通報した」

 

 

「・・んで、食べないの。」

 

 

ん?この空気・・・

(*゜0゜)ハッ

 

 

 

サヤは皿に盛っていた料理を手掴みで自分の口に入れながら

「せっかく作ったのに、こんなにおいしいのに」

 

 

やばい!!徳井さん、逃げてー!!!!

Σ(o>艸<)

 

 

「食べろよ・・食べろおおおおお」

 

 

手で掴んでいた料理を徳井に投げつけた。

 

 

 

 

 

 

恐らく、部屋の中は大惨事だっただろう・・・

(TωT)ウルウル

 

 

 

「徳井さんの部屋に侵入して警察につかまったんだって、西村さん」

 

 

 

会社の化粧室でもう噂話になっている。

 

 

話をしているのは詩織ともう一人の女性。

 

 

サヤの狂気っぷりの話題からハケンの階段転落の話題に。

 

 

そこで詩織は自分がやったことを悪びれる様子もなくあっさりカミングアウト

 

 

「だって・・生意気だったんだもん。」

 

「誰が営業部のボスか、はっきりさせとかないとね」

 

 

詩織さん、なかなかイイ性格してますなー。

(;´▽`A“

 

 

しかし、ここでなぜか、化粧ポーチの中にクローズアップ・・・

 

 

あれ!?

化粧品に紛れてボイスレコーダー・・・

しかも、録音中になってるけど?!

(゜д゜#)

 

 

 

オフィスでは派遣の中山が契約終了で退社の挨拶をしていた。

 

 

中山らしい控えめで気持ちのこもった感謝と御礼の挨拶・・・

 

 

 

が。

 

 

 

中山がおもむろにボイスレコーダーを手にしている。

 

 

 

そして再生されるボイスレコーダー・・・するとどこかで聞いた会話が。

 

 

 

 

 

あ、さっきの・・・。

Σ( ̄□ ̄lll)

 

 

 

レコーダーが再生されると、まさに先ほど、化粧室で交わされていた会話が・・。

 

 

ざわつく一同。

 

 

「しおりんって・・・林田さんが犯人ってこと?」

 

 

 

「ちょっ、ちがうっ!!何これ?!ウソよ!!」

 

 

詩織が血相を変えて、否定していると

 

「本当でーす」

 

みると、化粧室で詩織の相手をしていた女性だ。

 

 

 

「あんたっ!どうなるかわかってんの?!ここにいられなく・・」

 

 

詩織が鬼の形相で食って掛かろうとした瞬間・・

 

 

さっきまで化粧室で話をしていた女性は

 

「私、中山物産にヘッドハンティングされて退社しまーす!!」

 

 

て、ことはもう詩織は怖くないんだ!?

( ̄ー ̄)ニヤ

 

 

ここでタネあかし。

 

中山は自分の素性を説明。

 

 

詩織に笑顔で

 

 

 

「私への傷害はうちの弁護士の力を使えば、慰謝料であなた破産するわね。」

 

「それとも服役する?」

 

 

 

そういうと、笑顔は瞬時に消え去り、

 

 

 

「ちゃんと謝るって言うのなら、許してあげてもいいけど」

 

 

 

 

 

恐怖を感じた詩織はなりふり構わず、土下座して謝罪するのだった。

 

 

中山さん、めっちゃ怖い・・・

Σ(o>艸<)

 

 

 

 

 

ここはどこだろう?

昭和のにおいのする二階建ての古ぼけたアパートだ。

( ̄ヘ ̄;)ウーン

 

 

 

「六本木第二アパート」

と名前があり、港区六本木という住所が記載されている。

 

 

 

そのアパートの窓から高層ビルの写真を撮る女性が・・・

 

 

#港区ライフサイコー
#うちから見えるヒルズ
#港区在住
#港区勤め
#港区女子

 

 

このハッシュタグたちは・・・

 

 

部屋の奥から

「サムいよ~、サヤちゃーん!窓閉めてよ」

という声がする。

 

 

「仕事、見つかった?」

 

 

部屋の中で全頭頂部のハゲた中年太りの男が声を掛けた。

 

 

「そこのスーパーのパート」

 

 

 

 

 

「え~、サヤちゃんならキャバクラ行けるって~」

と緊張感なさそうに話す中年男。

 

 

この部屋を紹介してくれた児玉(アパレル通販社長)は事業に失敗

 

 

羽振りの良かったころの見る影もない。

 

おまけにヅラだった・・・

 

 

て!!!!

 

このオヤジは児玉社長かい!!!!

Σ(`Д´ )マジ!?

 

 

 

家族にも見放され、サヤと暮らしているらしい。

 

 

 

しかも、児玉が着ているトレーナーのプリント・・・

 

あのピエロだー!!!

w( ̄Д ̄;)wワオッ!!

 

 

そう、ストーカーの88は児玉だったのだ!!

 

 

 

 

 

気味が悪くても、こいつのお陰でかろうじて港区に住めている

 

それに、キラキラしていたあたしを知っているのは今やこいつだけ

 

だから・・手放せない

 

 

 

サヤ、とことん間違ってるからー!!!!

m(≧o≦)m

 

 

 

サヤは自分でもどうしてこうなったのか理解できなかった。

 

化粧っけもなくなり、手入れされていない肌、老け込んだ顔。

 

 

するとそのとき、サヤの携帯に着信音が。

 

今やフォロワー17人となったサヤのフォトスタグラム。

 

 

そこに

 

「見ているよ」というメッセージ。

 

 

今となってはこんなメッセージでも嬉しそうな表情を浮かべるサヤ。

 

 

しかし、この花の画像・・。

 

 

「見ているよ、サヤ・・・。大丈夫、あなたはひとりじゃないから。」

とつぶやく女性が。

 

 

 

え?!
明日香?
明日香?!

明日香なの???

∑(゚m゚=)ハッ!!

 

髪型は転落人生を辿る前の雰囲気だけど・・・

明日香だよねー???

Σ(・艸・*)エェ!!

 

 

 

<#008 おわり>

 

 

かんかんの#008感想

 

いやー!!!

今回はいつもに増して神回でした。

内容盛りだくさんでお腹いっぱいです(笑)

徳井さんのコメディタイムが久しぶりに見れて癒されたし、

詩織に中山の制裁が下され、スッキリした。

ZAZAタウンの児島社長の会社が倒産するとは意外でしたが、ヅラでうだつが上がらないオヤジに成り下がっていたのはおもしろかった!!

しかもストーカーだったし。

サヤの完全な転落人生・・・まだ自分で理解できていないのが可哀そうですね。

サヤのフォトスタグラムに届いたメッセージ、「みているよ」は本当に明日香なのでしょうか。

明日香の最後は父親の介護で10キロ太り、髪もプリン状態でしたが・・・

もしかして父が亡くなり、介護の必要がなくなるとともにある程度の遺産が入った?もしくは介護の合間にネットビジネスを始めて、今や本物のセレブになったとか?

想像がとまりません~~~!!

 

ついにmisaki登場!!その人物とは・・【ゴミ屋敷とトイプードルと私<港区会デビュー編>】#007に戻って読む

あの明日香が完全復活!!衝撃の最新話が降臨!!彼女はヒーラーに!!【ゴミ屋敷とトイプードルと私<ラブと癒やしとホントの私編>】#009を読む

 

関連記事はこちら

【あらすじ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ】明日、君に好きって言う。#1

【あらすじ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私<港区会デビュー編>#008に気になったら・・・