明日香の師匠、スーパーヒーラーの純深叶先生が胡散臭すぎてステキ!!【ゴミ屋敷とトイプードルと私<ラブと癒やしとホントの私編>】#011

明日香の師匠、スーパーヒーラーの純深叶先生が胡散臭すぎてステキ!!【ゴミ屋敷とトイプードルと私<ラブと癒やしとホントの私編>】#011

今回、ご紹介する作品はコミック「ゴミ屋敷とトイプードルと私」です。

原作は池田ユキオさん。

 

ついに出ましたああ!!!!

 

前回、<港区編>では完全に転落してしまったサヤを見守っていたところ、ついに!あの!明日香が復活!!

全身ブランドで固めていたSNS大好き、元祖キラキラ女子の明日香の今はスピリチュアルヒーラー

 

これだけでも十分、怪しいニオイがしますが今の彼女の人生、知りたいですよね!!!

興奮が止まらない「ゴミ屋敷とトイプードルと私」の新編がついにスタート!!

 

おまちかね!#011スタートです。

 

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私<ラブと癒やしとホントの私編>

 

 

スーパーヒーラー!純深叶先生が胡散臭すぎてステキ!!

 

 

 

明日香がヒーラーとなって復活!!

 

 

そしてこれまでのブランドづくめのキラキラ女子は封印されたかのように思われたが・・・

 

 

 

<本日貸し切り>

 

 

ここはパーティー会場。

 

 

「アンジェルリングルヒーラーセミナー会員限定パーティ」が開催されている。

 

 

アンジェルリングル東京地区のイケメンサロンコーチのRyoya(前回、サヤの前に現れたイケメン)が明日香に話かけている。

 

 

「お疲れー、あっすー(明日香)今日も大活躍!!ヒーラーセミナー予約者数目標達成だね」

 

 

 

あ、あっすー・・・(汗)

 

うーむ・・・やはりノルマがあるっぽい。

( ̄∀ ̄;)

 

 

 

おめでとー!!と周囲からも拍手が起こり、ご満悦の明日香

 

 

そこに怪しさ満開の「純深叶(すみか)先生」、登場!!!

 

 

すごくいい風向きになってるわ」と明日香に声を掛けてくる。

 

 

「明日香ちゃんのオーラがゴールドに近づいているもの」

 

「チャクラが開いて宇宙とつながる道ができているのね」

 

「その時はもうすぐよ」

 

 

 

オーラ?

 

チャクラ?

 

ちなみにチャクラとはサンスクリットで円とか円盤とか車輪なんかを意味する言葉らしい。

φ(*’д’* )メモメモ

 

 

 

憧れの純深叶先生の登場に明日香は頬を赤らめ目を潤ませる

 

 

 

明日香は

「早く純深叶先生のようなスーパーヒーラーになりたいです!!」

とキラキラ尊敬のまなざしで答える。

 

 

 

「純深叶先生のような綺麗でパワーのあるみんなの憧れの存在に・・・」

 

 

 

純深叶先生は

「なれるわよ」

 

 

そう言うと、純深叶先生は自分の過去を話し始めた。

 

 

「私だってあなたくらいの年の頃、DV夫と離婚して、無職体もコワしてて、2人も子供抱えて大変だった。」

 

死も考えたわ」

 

 

 

純深叶先生の話を聞きながら明日香はテンションが上がりっぱなし。

 

 

 

<ああ、純深叶先生のどん底からの復活劇、大好き♡>

 

 

 

明日香ちゃん、ハマってるねーーー!!!!

(*´艸`*)

 

 

 

家族とは断絶してたの。」と実家に居座っている独身の年の離れた姉と折り合いが悪くて・・・と説明。

 

 

 

当時、純深叶先生には帰る場所もなかったのだそう・・・

 

 

しかし明日香の身の上(姉と折り合いが悪い等)に似てるー!!

 

さすがスーパーヒーラー・純深叶先生!!明日香に寄せてきてるのかな???

Σ(o>艸<)

 

 

 

 

そして純深叶先生は当時の自分の写真を見せる。

 

 

 

太っていて、頬にはブツブツのニキビ跡、肌は手入れされておらず、額にシワも目立っているし、髪はチリチリパーマ

 

 

今のような美しく、ゴージャス感は微塵もない・・・

 

 

現在の純深叶先生とは、まるでビフォーアフター

 

 

 

この違いをさらに商売に利用しているのか?!

( ̄□ ̄;)!!

 

 

 

これにはRyoyaも過剰な反応をみせる。

 

 

 

「これが純深叶先生だなんて信じられないよ!!」

 

 

 

みんな純深叶先生にゴマすってんだろーなー・・・

( ̄ー ̄)ニヤリッ

 

 

 

案の定、明日香も内心では・・

<何度も見てるくせに・・わざとらしいヤツ>とつぶやく。

 

 

 

 

びどいでしょ・・」

 

「カルマを抱え込んでいる、毒素で満ちた体・・・」

 

負のオーラが渦巻いている・・・」

 

 

 

そうつぶやく純深叶先生の横顔・・・。

 

 

 

いやいや、純深叶先生、鼻の高さも顔の輪郭も別人なんですけど・・・

(´ε`;)ウーン…

 

 

 

<あたしとおんなじ・・・>

 

<1年前のあたしと・・・>

 

 

 

ほらー!!!やっぱり明日香は過去の自分の姿と重ねてるよー!!!!

Σ(`∀´ノ)ノ

 

 

 

<回想シーン>

 

 

 

クモ膜下出血で倒れた父親の介護をする条件に借金まみれだった明日香は実家においてもらえることになった。

 

 

しかし、介護とは生易しいものではない・・・。

 

 

体が不自由で何も出来ない父親に暴言を吐き、当たり散らす明日香。

 

 

そんな明日香を怒る姉

 

 

明日香のストレスは爆発寸前

 

 

スナック菓子を食べまくり、スマホをいじる毎日。

 

 

 

嘘の記事をSNSにアップを続けている間に体重は15キロも増加

 

 

 

そんな地獄のような日々を純深叶先生の話とオーバーラップさせる明日香。

 

 

 

純深叶先生、商売上手!!!

(* ̄m ̄)ぷっ

 

 

 

純深叶先生の話は続く・・

 

 

 

「ある日、光が見えたのよ。知らない道を、その光を追って進んでいったの。」

 

「なぜか私は確信していた。この道の先に希望があると」

 

「たどり着いたのが、アンジェルリングルの本部だったの」

 

 

 

と、ここまで話がくると

 

 

 

ここはいつもちょっとずつ違う・・・>

 

 

と明日香は冷静に聞いている。

 

 

つまりアンジェルリングルまでの導かれ方の話だ。

 

 

「猫に案内された」ときもあれば「光る小石をたどったら着いた」とかもあるらしい。

 

 

 

どうやらそのときによって話が異なるらしいねwww

 

純深叶先生はその違いに気づいているのか、そのときの雰囲気で喋っちゃうのか?

・・・(゚_゚i)タラー・・・

 

 

 

とにかく明日香はその違いが分かるほど、純深叶先生の話を何度も聞いているようだ。

 

 

しかし、明日香は気にしない。

 

 

<細かいことはどうだっていい>

 

<あたしの場合はネットだった>

 

<誰も見てくれなくなったあたしのSNSのコメント欄に・・・>

 

 

 

 

「見ているよ」

 

 

 

 

そのメッセージと共に張られたアドレスからここのホームページに踏み込んでいったようだ。

 

 

 

それにしても明日香・・・

 

SNSのコメ欄に貼られたアドレスをよくクリックしたねー・・・

ヾ(・∀・;)オイオイ

 

 

 

サイトには・・・

 

こんなはずじゃなかったとあきらめる前に自分の人生を取り戻しませんか?

 

光り輝く未来をその手につかみましょう。

 

人生を好転させる術はここにある。今がその時です。

 

人生のどん底にいる人にとっては藁をもすがる思いで行っちゃうパターン。

 

 

 

 

それが明日香と純深叶先生、二人の出会いだったようだ。

 

 

 

ちなみにこの純深叶先生、ゴージャスで美しいが実は御年、50!!

 

 

そしてまたまた別の会員がオーバーリアクションで純深叶先生を持ち上げる。

 

 

「信じらんなーい!!!」

 

「キレイすぎます!!!」

 

 

Ryoyaやほかの会員が出しゃばってくるのが気に入らない明日香。

 

 

 

誰もが純深叶先生に近づこうと必死なのだろう。

 

 

 

純深叶は「体の中を浄化して常にハッピーな状態でいれば、年齢なんて飛び越えることが出来るものよ」と種をまく。

 

 

 

「すごいすごいー!!!浄化ってどうやるんですか?!」と食いつく会員。

 

 

 

すると純深叶先生はすかさず

お水をたーくさん飲むこと」

 

 

 

お、お水?

 

たーくさん?

 

また怪しい雰囲気が・・・

(屮゜Д゜)屮

 

 

 

純深叶先生は目の前の会員たちにボトルを披露しながら「アンジェウォーターよ」

 

 

 

はい、出たー!!!

 

団体の名前のついたお水―!!!www

 

このお水、限定品。

 

南フランスのパワースポットで汲み取り、1本1本丁寧にレイキパワーを封じ込めた特別なお水だそうな。

( ´∀`)ヵヵヵ

 

 

 

純深叶先生が個人的に輸入していたものを大切なソウルメイトの皆さんに分けてくれるらしい。

 

 

 

そ、ソウルメイトですか?

( *^艸^)プププ

 

 

 

これを朝晩に飲んでいるの。それ以外は何もしてないわ」という純深叶先生

 

 

会員の一人が水の価格を尋ねると

1本、1万円。

 

 

 

見た感じ、500mlくらいの大きさですよ・・。

 

 

 

純深叶先生はまた昔の話を持ち出し、「当時の荒んだ心が容姿にも影響していた」と言うのだ。

 

 

しかし、修行を重ねつつ、お水を飲んでいると体内の悪いものが出て行ったのだとか。

 

 

憧れの純深叶先生がどんなに素晴らしいものだと言っても、価格にたじろぐ会員たちを差し置いて、

 

 

「私は買うわ」と手をあげる明日香。

 

 

 

マジですかー!!!!

w(゜o゜)w

 

 

 

「純深叶先生みたいになれるならこれぐらい。だって、このお姿で50歳よ」

 

「エステに行ったり、高い化粧品を辞めていいんだから、安いものだわ」

 

と言いながら前に進み出てくると潔く財布から1万円をさしだした。

 

 

「10年後の自分に投資するのよ!!」

 

 

そして早速、ボトルのキャップを開け、会員たちの前で水を一気に飲み干す明日香。

 

 

直後、顔を輝かせ
「美味しい!!全っ然ちがう!!」とアピール。

 

 

その様子を静観していた会員たちもおずおずと手を上げ始めた。

 

 

「そうね・・・水だけでいいのなら・・」

 

 

そのうち、だんだん勢いづいてきて

 

 

「買うわ!」

 

「私も!」

 

「私も10本!」

 

「こっちもお願いします!!」

 

 

一気に人気商品になった。

 

 

そのチャンスを見逃さない純深叶先生。

 

 

「あらあら、ごめんなさい。このお水は特別なものだからそんなに数はないのよ」

 

 

 

まさに需要と供給のバランス。

 

需要が高まる一方で供給に限度があるとどうなるか?

 

そう、価格が高騰するのです!!!

ψ(*`ー´)ψ ゥヶヶ

 

 

 

「私は倍の値段を出すわ!!」

 

「私が買うのよ!!」

 

 

結局、1本1万円の水は12本で80万・・・

 

 

 

つまり6万越え!!

Σ(ОД○*)

 

 

 

純深叶先生を囲んでの欲にまみれた懇親会。

 

 

金持ちになりたい。

 

美しくなりたい。

 

人より良い生活をして憧れられたい。

 

 

 

 

恐ろしすぎます・・・

 

 

 

ここで純深叶先生が呼んだホストたちが登場。

 

 

すると純深叶先生は

 

 

お金がお金を連れてくるのよ」

 

お金にお友達をたくさん作りなさい、といって手放すの!」

 

 

 

手に札束を持った純深叶先生は、それらを放り投げ、札が宙を舞った。

 

必死で拾い集めるホストたち。

 

 

 

え?!何これ???

(゚Д゚)ハァ?

 

 

 

「お金はハッピーで満たされることに惜しむことなく使いなさい」

 

お金ちゃんは楽しいことが大好き」

 

「あなたが満たされれば、何百倍のお友達を連れて帰ってきてくれるわ」

 

 

 

純深叶先生は持論を展開させ、会員たちに成功の姿を見せつけた。

 

 

 

お金ちゃんwww

 

残念ながら純深叶先生の一人勝ちですな。

 

皆さんの大切なお金は自分に戻ってくるのではなく、純深叶先生に全て吸い取られることでしょう。

(T▽T)アハハ!

 

 

 

<#011 おわり>

 

 

 

 

かんかんのゴミ屋敷とトイプードルと私<ラブと癒やしとホントの私編>#011感想

 

今回はアンジェルリングルの主宰者(?)純深叶先生にクローズアップされた内容でした。

いやー、胡散臭くて!!たまりませんね!!

でも悩み多き人たちにとっては希望の光なのでしょう。

明日香は純深叶先生を尊敬してるようで、冷静なところもあり、実際はどうなのかな?

周囲の人間のように「お金がほしい」といった欲望のために純深叶先生のところにいるのでしょうか。

またその面も詳しく分かってくることでしょう。

ふと、サヤはどうなったのかな?と気になりました。

次号が待ち遠しいなー

(☆^▽^☆)

 

明日香の性格は何も変わらない!!シンプルライフの隣の部屋には・・・【ゴミ屋敷とトイプードルと私<ラブと癒やしとホントの私編>】#010に戻って読む

欲張り明日香チャンの無責任発言でやっぱり問題勃発!!さすがに期待を裏切らない!!【ゴミ屋敷とトイプードルと私<ラブと癒やしとホントの私編>】#012を読む

 

関連記事はこちら

【あらすじ】ゴミ屋敷とトイプードルと私#001<明日香編>

【あらすじ】明日、君に好きって言う。#1

【あらすじ】僕たちは誰にも言えない恋をした#1

 

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私<ラブと癒やしとホントの私編>#011に気になったら・・・